2017/10/06発行 ジャピオン936号掲載記事

心と体のメンテナンス

すぐできる、けがと転倒予防(前編)

アマチュアアスリート けがの原因は練習不足

日本人のスポーツ愛好家に多いけがとは?

 スポーツによって異なりますが、共通してよくみられるのは、平日は何もしないのに、週末になると突然張り切って運動し、けがをするパターンです。運動するのは素晴らしいのですが、日頃の体調管理やけがの予防が十分でないと、百害あって一利なしにもなりかねません。

 私はアスレチックトレーナーとして、スポーツ会場でけがの応急処置に当たったり、クリニックでけがの予防やリハビリのためのトレーニングを指導したりしています。けがの原因はさまざまですが、プロ選手ではない一般の人の場合、元をたどると練習不足に行き着く人が多いことに驚かされます。

 ニューヨークとその周辺にはアマチュアのスポーツリーグも多く、野球やサッカー、バスケットボールやアイスホッケーなどの試合が各所で行われています。選手の中には来米を機に何年、何十年ぶりに、学生時代にやっていたスポーツを再開した駐在員も少なくなく、そういう人がいきなり試合に出るとけがをしてしまいます。日中はデスクワークで座りっぱなし、退社後は忙しくて運動する暇がないという人がほとんどで、練習不足も無理はありません。

週末だけ集中して運動する人が、けが予防のためにできることはありますか?

 多くの場合、週に1回だけ急に運動することがけがの原因なので、3日に1回、2日に1回と、徐々に運動する回数と運動量を増やすことが大事です。とはいえ、それが難しい人は、週末の運動前にしっかりウォームアップして、体の筋肉をほぐしましょう。

 ストレッチには、座ったり寝たりした姿勢でやる「静的ストレッチ」と、手足を動かしながら筋肉を伸ばす「動的ストレッチ」の2種類があります。運動の前は、動的ストレッチをお勧めします。

 サッカー選手などが試合前のウォームアップで、両腕を左右に大きく振りながら横に移動している様子を見たことがある人もいるかもしれません。あれも、サッカーの動きに似せた動的ストレッチの一つです。

 また、特に日本人は一般的に水分補給が足りないと感じます。スポーツをすると大量の汗をかくので、スポーツの合間の補給はもちろん、前日からたっぷり水を飲みましょう。

 水分が足りないと集中力が低下しますし、特に真夏の野外スポーツの場合は熱中症の原因になりかねません。前日の夜遅くまで飲酒し、水分補給を十分しないまま、翌日早朝から運動するという人も多いのではないでしょうか。お酒を飲んだ日は、特にしっかり水を飲んでから寝るといいでしょう。

アスレチックトレーナー(ATC)の仕事について教えてください。

 スポーツの試合などで、フィールドで倒れた選手に駆け寄って応急処置をしている人がいますが、あれがATCです。日本ではまだなじみのない職業かもしれませんが、ATCはアメリカの国家資格であり、プロスポーツチームはもちろん、大学のスポーツチームにも必ずATCがついています。

 ATCの役割は、選手のけがの予防、けがをした場合の評価、止血・テーピングなどの応急処置、けが回復のためのケアとリハビリなど、多岐にわたります。けがの評価とは、重症度や、直ちに救急外来受診が必要かどうかなどを判断することです。膝のけがであれば、靭帯が切れていないかなどをその場で見極め、悪化させないように適切に処置します。

 また、一言でけが予防といっても、選手の体作りはもちろん、安全なプレー環境の確保(気温や湿度、天候のチェック、重大なけがや事故が起きた場合の救急車のアクセス確保など)、各種防具の適切な使い方の指導、練習中・試合中の水分補給など、その内容は実にさまざまです。

 そして多くの場合、ATCはチームドクター(チーム専属医師)、理学療法士、栄養士などの医療関係者や、コーチなどと協力して選手のケアに当たります。私のようにクリニックに勤務し、医師と協力して患者のケアに当たることもあります。最近アメリカでは、工場労働者のけが予防やリハビリのために、ATCが雇われる機会も増えているそうです。

※来週は、自宅でできるけが予防法についてお聞きします。


 

運動の前は、動的ストレッチでしっかりウォームアップを。写真は、足を前後に大きく振りながら筋肉をほぐす様子
HEALTH_936_1

森泰穂さん
Yasuho Mori, ATC, CPed

NATA-BOC公認アスレチックトレーナー(ATC)、ABC公認ペドーシスト(CPed)。アラバマ州立トロイ大学アスレチックトレーニング学科、ミドルテネシー州立大学大学院運動科学科卒業。大学院時代、陸上部専属ATCとして経験を積む。現在、3D足型計測器メーカーの勤務経験を生かし、ランナー、一般の人に対する足データの分析、シューフィッティングの助言も行なっている。サッカーチーム「FCジャパン」のATC兼務。

MIKA HAYASHI, DPM, PC
林美香足病科クリニック

TEL
212-682-0043
MAP
350 Lexington Ave., #501 (建物入り口は40th Street沿い)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント