2016/12/23発行 ジャピオン896号掲載記事

心と体のメンテナンス

更年期障害と鍼・漢方薬治療(後編)

ホルモンバランスを調整 男性更年期障害にも有効

鍼治療と漢方薬が更年期症状の緩和と解消に有効なのはなぜ?

 女性が更年期を迎えると、卵巣から分泌される女性ホルモンの一種であるエストロゲンが激減し、体調不良や精神面の変調を来しやすくなります。症状や重症度は人によってさまざまですが、多くの女性が何かしら症状を抱えているといわれます。鍼治療と漢方薬は、特にホルモンのバランスを整えることにより、症状の緩和と解消を図ります。

 同じ更年期症状でも、体質や重症度などによって治療アプローチは異なります。そのため、初回診察時に症状とその期間、体調、病歴などを問診し、舌の状態と脈を調べます。そして、体質やその他の要素も考慮した上で、患者ごとに治療計画を作成します。

 ここでいう「その他の要素」とは、ホルモン分泌や、体の陰陽バランス、無形のエネルギーである「気」の流れなどの状態です。東洋医学では、万物はすべて陰陽に分類され、陰陽バランスが整った状態が健康で、乱れた状態が病気や不調であり、その原因と考えます。

のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)、寝汗、生理痛に鍼治療と漢方薬は効きますか?

 個人差はありますが、ホットフラッシュや寝汗の場合、最初の2~3週間は週2回の鍼治療に通ってもらい、これで症状が緩和する人がほとんどです。しかし、ここで治療を止めず、さらに週1回の治療を6~8週間続け、体質改善に取り組むことが大事です。体質を変えれば、症状再発を予防できるからです。

 また、鍼治療は、生理痛を含む痛みの緩和に大変有効です。長年のひどい生理痛が、1、2回の治療でかなり軽くなったという人もいます。

 症状が何であれ、ほとんどのケースで鍼治療に漢方薬を併用します。漢方薬は症状の緩和に有効で、症状ごとにさまざまな種類があります。更年期症状は、普通はいくつか重なって現れるので、漢方薬も患者によって3~4種類処方することもあります。

 閉経を前に子宮筋腫(子宮にできた良性腫瘍)が進行し、月経時の大量出血、不正出血、それによる貧血、下腹部痛を訴えて来院する人も少なくありません。中には症状が重く、婦人科医から筋腫の摘出や子宮全摘を勧められた人もいますが、鍼治療と漢方薬によって症状が改善し、手術を受けずに済んだケースもあります。しかし、筋腫の大きさや数、他の疾患の有無などによって治療効果は左右されるので、通常、当院での治療中も婦人科を引き続き受診することをお勧めしています。

精神面の変調にも効果はありますか?

 鍼治療と漢方薬は、不眠、気分のむら、抑うつ、イライラ、不安などの改善に有効です。人によっては、更年期の症状は心身同時に現れますが、それらにまとめてアプローチすることができます。

更年期症状緩和のため、日頃からできることはありますか?

 健康的な生活習慣を心掛けましょう。いくつか例を挙げておきます。

▽食事からの植物性エストロゲン摂取=植物性エストロゲンは、大豆、ライ麦や大麦などの全粒穀物、亜麻仁(フラックスシード)、クルミなどのナッツ類、ハーブに豊富に含まれます。
▽定期的な運動=運動やヨガは血流改善に役立ちます。
▽食事からの抗酸化物質摂取=抗酸化物質は、プラム、ベリー類、ブロッコリー、オリーブ油、ピーマン、ピーカンナッツ、赤ブドウ、ニンジン、豆、アーティチョーク、ダークチョコレートなどに豊富です。
▽喫煙と飲酒を止める。辛い食べ物やコーヒーを控える。

男性更年期の症状も、鍼治療と漢方薬で緩和できますか?

 男性の場合、一般的に50歳以降に男性ホルモンのテストステロンが低下し、心身に不調や変調が現れます。主な症状は、性欲低下、勃起不全、気分のむら、抑うつ、睡眠障害、やる気の低下、筋肉の減少、内臓周辺の脂肪の増加、骨密度の低下など。症状や重症度は人によって違いますが、鍼治療と漢方薬は効果があります。

 女性の場合と同じように、症状改善後も体質改善に根気よく取り組みましょう。

※来週からは、中根真理子さんにヒプノーシスについて伺います。


 

漢方薬は症状緩和に役立つ。症状に応じて適切な薬を処方する
スクリーンショット 2016-12-15 12.38.44

リン・ゼン先生
Ling Zheng, LAc

ニューヨーク州免許取得鍼灸師(LAc=Licensed Acupuncturist)。中国福建医科大学卒業後、病院勤務や世界保健機関(WHO)医師団での活動を経て来米。全米鍼・東洋医学認定委員会(NCCAOM)認定鍼灸師(Diplomate of Acupuncture)。アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患、痛み、更年期障害、うつ、不眠症の治療など。マンハッタンで1994年開業。日本人患者の治療経験が豊富。

LZ & Manhattan Acupuncture, P.C.

TEL
212-689-1773
WEB
http://www.lzacupuncture.com
MAP
14 E. 34th St., 5th Fl. (bet. Madison & 5th Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント