2016/08/19発行 ジャピオン878号掲載記事

心と体のメンテナンス

妊婦の歯科治療と最新技術(前編)

妊娠中の安全な治療 医師の連携が不可欠

妊娠中も安全に歯科治療を受けられますか?

 はい、受けられます。ただし、母体と胎児への影響を考えて、安全面から避けた方がいい治療や、使ってはいけない薬があります。例えば麻酔にもいろいろな種類があり、妊娠中でも安心な薬もあれば、絶対に使ってはいけない薬もあります。小さな虫歯だと、麻酔注射を使わずレーザーで除去することもできます。

 抗生物質は、胎児に影響があるため投与できないものもあれば、安全に服用できるものもあります。アレルギーの可能性も無視できません。妊娠中の抗生物質の服用の可否は、歯科医師と産婦人科医、主治医が密に連絡を取り合い、判断します。

 このように、妊娠中も治療はできますが、根管治療(神経治療)のように複数回の通院が必要な治療はお勧めしません。通院のたびの麻酔注射は、できれば避けた方がいいからです。治療が必要な場合は抗生物質で細菌感染を抑え、数カ月ほど治療を先延ばしできることもあります。

 ただし、一般的に安全とされる薬や治療が、すべての人にあてはまるわけではありません。個人差があるので、歯科医師と産婦人科医師が連絡を取り合い、安全に行える治療・使える薬、やってはいけない治療、使ってはいけない薬を事前に確認することが非常に重要です。特に、流産や早産の経験がある、持病がある、胎児が病気や障害を持つ可能性がある、双子やそれ以上の多胎妊娠、高齢出産などのハイリスク妊娠の場合は、より慎重な対応が求められます。

 

妊娠中にレントゲン検査を受けても胎児に影響はありませんか?

 歯科の場合、口の中だけに放射線を当てるのと、検査中は防護エプロンで胸と腹部を守るので、胎児への放射線被ばくリスクはゼロに近いと言われています。ただし、胎児への影響を実際に調べた研究はなく、歯科医師の見解も分かれています。問題ないという意見もあれば、被ばくリスクが少しでもある限り、検査は避けるべきという意見もあります。

 当院の場合、レントゲン検査をする/しないはケースバイケースです。口の中を見て治療に必要な情報が十分に得られれば、検査はやりません。従来のアナログレントゲン装置の被ばく量は、屋外で太陽光を1日浴びた場合と同じくらいです。最新のデジタルレントゲン装置は、その2分の1~10分の1程度とごく少量です。

 

レントゲン検査をしないで虫歯を見つける方法は?

 大きな虫歯は見れば分かりますが、当院は小さな虫歯を見つけるため、「デキシス・カリビュー」というハンドヘルド型の画像診断機器を使っています。

 強い光を歯に照射して撮影し、高解像度の画像を、コンピューター上でリアルタイムに確認することができます。歯の健康な部分は光を透過して白く映り、虫歯や歯にできた割れ目は、光を吸収して黒っぽく映ります。初期のごく小さな虫歯や、歯と歯の間にできた虫歯など、レントゲン画像では判別が難しい問題も見つけることができます。

 レントゲン検査は、口の中に3~4センチ角のフイルムを入れるので、特に子供は嫌がります。光を当てるだけのカリビューはその心配がなく、エックス線を照射しないので、妊婦にも子供にも安心です。

 ただし、歯を支える骨や歯根の状態、深部の虫歯など、詳細な検査には向きません。カリビューとレントゲン検査を目的に応じて使い分け、補完的に両方を行うこともあります。

 

妊娠を計画中の女性にアドバイスを。

 問題や気になることがあれば、妊娠前にできるだけ治療しておきましょう。妊娠中と出産後の授乳中は、治療や使える薬に制約があるのはお話しした通りです。出産後は育児に忙しく、歯科医院に通う時間も、心身の余裕もないかもしれません。

  口の中を健康に保つことは、母体全体、ひいては赤ちゃんのためでもあります。虫歯や歯周病の原因菌の感染は、早産や低体重児出産のリスクになることが分かっているからです。また、妊娠中は、女性ホルモンの影響で口の中にトラブルを起こしやすい時期です。日ごろから予防を心掛け、妊娠中も3~4カ月に一度の口内清掃(クリーニング)を続けましょう。

 

デキシス・カリビュー(DEXISCariVu)を使った虫歯の検査の様子。口の中に入れた機器(囲み写真)の先端から強い光を歯に照射して撮影する(写真は患者モデル)
スクリーンショット 2016-08-18 13.30.24

クララ・リー先生
Clara Lee, DDS

歯科医師(Boardcertified)。ニューヨーク大学歯学部卒業後、ブルックデール大学病院・医療センター歯科・口腔外科部門でレジデンシ―を修了し、チーフレジデントを務めた。ブルックリンとマンハッタンの歯科医院勤務を経て、2010年からウォーターサイド・デンタル・ケア院長。一般歯科、矯正(インビザライン)、歯周病、インプラント、神経治療、レーザー治療など。

Waterside Dental Care

TEL
212-683-6260
WEB
http://www.WatersideDDS.com
MAP
10 Waterside Plaza (at 25th St. & FDR)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント