2016/06/24発行 ジャピオン870号掲載記事

心と体のメンテナンス

高血圧の危険と治療法(前編)

加齢とともに増える高血圧 測定場所や時間帯で変化も 

「血圧」とは何か、説明していただけますか?

 血液は、心臓から全身へと強い力で送り出されます。このとき、血液によって動脈と細動脈にかかる力が血圧です。

 心臓が縮んで血液を送り出すときの、血管への圧力が一番上がった瞬間の血圧を「収縮期血圧」、縮んだ心臓が元の大きさに膨らみ、圧力が一番低くなった状態の血圧を「拡張期血圧」と言います。

 血圧は、1日の中でも時間帯や状況によって絶えず変化しています。一般的に血圧は睡眠中に最も低く、起床前から上がり始め、日中は高く、夕方から夜にかけて下がります。

 体を動かしたり、精神的に興奮したりしても血圧は上がりますが、活動をやめて気持ちも落ち着くと、血圧も元に戻ります。

 

高血圧とはどのような状態ですか?

 血圧が継続して高い状態です。放置すると血管に障害が起きて、心臓や脳、腎臓の病気など、さまざまな合併症の原因になります。病院や診療所で血圧を測定し、収縮期血圧が140mmHg(ミリ水銀)以上か、拡張期血圧が90mmHg以上のどちらかの場合、高血圧と診断されます。

 診察室で血圧を測る場合、医師または看護師が患者の上腕に腕帯(カフ)を巻き、手動で腕帯に空気圧をかけて測定する方法と、血圧計に固定されたカフに患者の腕を通し、ボタン操作一つで測定できる自動血圧計を使う方法の2種類があります。そのうち昔からあるのは手動式ですが、最近は自動血圧計を使う医師や看護師が増えています。

 患者の中には、病院や診療所以外の自宅などで血圧を測ると正常なのに、診察室で測ると高い人がいます。これを「白衣高血圧」といいます。診察室以外では正常なので、本当の意味での高血圧ではないという考え方が、医療関係者の間では主流です。

 対照的に、「仮面高血圧」といって、診察室で測る血圧は問題ないのに、診察室以外で測ると高いという人もいます。仮面高血圧は一部の研究者の間で、治療の必要な本当の高血圧の一つと考えられています。

 白衣高血圧や仮面高血圧が疑われるときは、患者に診察室以外の自宅などで血圧を測定してもらうこともあります。診察室と、診察室以外で測定した血圧の両方を考慮した上で、高血圧かどうかを診断します。

 

診察室以外で血圧を測る方法は?

 自由行動下血圧測定(ABPM=Am- bulatory Blood Pressure Monitoring)用自動血圧計と、家庭血圧計を使う方法の主に2つがあります。

 ABPMとは、24時間、15~30分ごとに血圧を自動的にモニターする方法です。患者は携帯型ABPMデバイスを装着し、普段通りに生活します。もう一方の家庭血圧計は、患者自身が自宅で血圧を測定するためのものです。落ち着いた状態で、座って測定します。操作方法は簡単なので、医療関係者でなくても使えます。
 
 医師はこれらの血圧データを検討することで、高血圧を正確に診断できるだけでなく、治療効果の判定や、治療方針の決定に役立てることができます。

 

高血圧の原因と危険因子は?

 さまざまな原因が考えられますが、実際に原因を特定できるのは全体のごくわずかです。正確な原因が分からない高血圧を「本態性高血圧」、ほかの病気や、薬の副作用による高血圧を「二次性高血圧」といいます。

 本態性高血圧の場合、加齢とともに血圧は高くなる傾向があります。年齢とともに血管が老化して硬くなり、動脈硬化を起こすことと関係しています。

 家族歴も重要な因子で、両親が高血圧の子供は、自分も高血圧になる確率が高いことが分かっています。個人差はありますが、肥満や運動不足、塩分の過剰摂取、多量の飲酒なども、高血圧の危険性を高める可能性が指摘されています。

 二次性高血圧を引き起こす病気としては、腎臓の病気やホルモン異常などが挙げられます。また、解熱鎮痛効果と抗炎症効果のあるイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID=Nonsteroidal Antiinflammatory Drug)を服用することによって、血圧が上がる可能性があります。

※後編は、高血圧の治療についてお聞きします。

 

24時間自由行動下血圧計の「オスカー2(Oscar2)」。体につけて普通に生活し、15~30分ごとなど、自動的に血圧を記録する(写真提供: SunTech Medical)
スクリーンショット 2016-06-23 11.46.48

シンボ・ダイチ先生
Daichi Shimbo, MD

Columbia University Medical Center
Center for Behavioral Cardiovascular Health

TEL
212-342-1273
MAP
622 W. 168th St., PH Bldg., 9th Fl. (bet. Broadway & Ft. Washington Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント