2016/06/03発行 ジャピオン867号掲載記事

心と体のメンテナンス

軟部組織の損傷と痛みの治療(後編)

痛みの原因はいろいろ 適切に治療し再発予防

ゴルフ肘(ひじ)の治療について教えてください。

 ゴルフの練習中に、肘が痛くなる経験をした人は多いと思います。私のクリニックでは、「筋膜損傷治療(MFDT=MyofascialDisruption Treatment)」というカイロプラクティックの新しい治療技術を使い、痛みの早期解消に高い効果を上げています。

 ゴルフ肘は、肘の主に内側が痛くなる症状です。腱・靭帯付着部症の一つで、肘の腱・靭帯と骨の付着部に摩擦が生じ、炎症が起きた状態です。ゴルフクラブの握り方や、スイングの仕方が悪かったりして、付着部が異常に引っ張られることなどで起こります。

 治療は、症状の原因を見極めることから始まります。そこで、カイロプラクティックの一般的な検査や画像診断に加えて、患者の言葉による痛みの表現や、身振り手振り(ボディーランゲージ)による症状の表現を分析します。ゴルフ肘の場合、大抵の患者は肘の内側を指さし、「ここを押すと痛い」と訴えます。同じ肘の痛みでも、組織の損傷具合が違えば、患者の表現方法も異なります。損傷具合によって治療法も決まるので、患者が出すサインを見逃さず、正しい診断につなげることが大事です。

 治療では、患部の筋肉や筋膜、腱、靭帯などの軟部組織の緊張を手技によってほぐし、同時に腱・靭帯と骨の付着部を滑らかな状態に回復させます。炎症と痛みを解消し、摩擦の起こりにくい状態に戻すことで、痛みの再発を防ぎます。

 腱・靭帯付着部症が原因の代表的な症状としては、ほかにもテニス肘、足底筋膜炎、顎関節症、腰や肋骨周囲の痛みがあります。

 

MFDTによる治療がよく効くけがには、ほかに何がありますか?

 MFDTは、軟部組織に関係するほとんどの症状に有効です。いくつか例を挙げると、
▽ 筋膜バンド(筋膜の束)の損傷=筋膜バンドの流れに沿って、広範囲に痛みが出るのが特徴。肩凝りや、尻から腿のわきにかけて感じる痛みなど。
▽ 筋膜表面の損傷=痛みの場所が一定でなく、押すと深部に痛みを感じたりする。表面的にまひのような感覚が出る場合もある。
▽ 軟部組織関節機能障害=四十肩などのように、関節自体に異常がみられ、関節の可動域が狭くなったり、痛くて動きにくくなったりする。寝違えや急性のぎっくり腰なども、これに当てはまる場合がある。
▽ 突起発痛点(トリガーポイント)=けがや筋肉の酷使によって筋肉が損傷し、下層筋肉や組織の一部が飛び出たり、ビー玉のように硬くなったりした発痛点から起きる痛み――です。

 軟部組織の治療は、基本的に手技によって行います。体のどこを、どのように押すかなど、損傷の種類によって治療法は詳細に決まっています。骨格の矯正や、筋肉や靭帯の損傷した組織を取り除く「グラストン治療」など、ほかの治療を補完的に行うこともあります。

 

慢性の頭痛も治りますか?

 治る場合がほとんどです。20代から頭痛が頻発し、年とともに悪化した30代半ばの女性を例に説明しましょう。

 この患者は、コンピューター断層撮影(CT)検査や磁気共鳴画像(MRI)検査でも頭痛の原因が分からず、 1年前に歯科医院で顎関節症の診断を受けました。マウスピースによる治療を始めて半年後、症状は少し軽くなりましたが、相変わらず毎日頭痛は起き、肩凝りもひどく、鎮痛剤の飲み過ぎも心配という理由で来院されました。

 検査の結果、首の骨と背骨の配列のゆがみ、首の椎間板の老化と関節炎、左右の顎関節のずれなどが見つかりました。そこで、骨の配列と顎関節の位置を正す治療と、MFDTによる発痛点の除去、腱・靭帯付着部を滑らかにする治療を始めました。

 最初の1カ月は週3回治療を行い、痛みが40%軽減し、薬の服用も週1回程度に減りました。4~5カ月目には10~14日に1回の治療で痛みがほぼなくなり、薬も不要になりました。治療開始7カ月目の今は、健康でいるための月1回のメンテナンス治療を続けています。早く治療を始めれば、それだけ早く治せます。捻挫などの急性症状は、1、2回の治療で回復することもあります。

※来週は桑間雄一郎先生に、鎮痛薬や睡眠薬服用時の注意点について伺います。

 

首の突起発痛点を除去する治療の様子。軟部組織の損傷を治療すれば、何十年と続く慢性痛を解消できることもある。写真は患者モデル(写真提供:石谷先生)
スクリーンショット 2016-05-26 17.41.37

石谷三佳先生
Mika Ishitani, DC

カイロプラクター(Doctor of Chiropractic)。パーマー・カイロプラクティック大学院卒業。ハーバード大学医学部専門課程修了。子供から大人の痛みやけが、事故の後遺症の治療、健康増進、妊婦の産前・産後ケア、乳幼児ケアなど。ニュージャージー州バーゲン群の地元誌「(201)マガジン」から「2015年トップ・カイロプラクター」に選出された。認定MFDT(MyoFascial Disruption Techni- que)カイロプラクター。

Ishitani Chiropractic

TEL
201-302-9993
WEB
http://www.ishitanichiropractic.com
MAP
1495 Palisade Ave. Fort Lee, NJ 07024

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント