2015/10/23発行 ジャピオン836号掲載記事

心と体のメンテナンス

足のタコ・ウオノメ・イボの治療法(後編)

しつこい「イボ」 ウイルスが原因

足の裏や指の間にできるイボ(warts)について教えてください。

 イボは、ごく一般的な良性の皮膚病です。いろいろ種類はありますが、普通はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因のウイルス性疣贅(ゆうぜい)を指します。HPVには、外陰部や膣のイボ、子宮頸がんを引き起こす型もありますが、足のイボの原因になる型は、それらとは違います。 
 
 ウイルスは、皮膚にできた小さな傷から感染します。ウイルスが表皮にとどまっているうちは、痛みも痒みもないことがほとんどです。しかし、どんどん増殖し、歩行時の圧迫などによって表皮の内側の真皮に達すると、小さな出血が始まります。
 
 患部は、全体的に硬く平べったいこともあれば、皮膚が隆起してデコボコになることもあります。皮膚の角質層が肥厚したタコ(callus)の下に、イボが隠れていることもあります。
 
 タコもウオノメも、歩いたり体重を支えたりといった刺激に対し、体の防御メカニズムが角質層を厚くして対応することで生じます。
 
 タコの場合、普通は痛くありませんが、不快に感じる人もいます。一方、ウオノメは、歩いたりして患部が刺激を受けるたびに、硬くなった芯が皮膚に深く入り込み、神経が圧迫されて痛みを感じます。人によっては激痛のため、パッドを使って患部に体重がかからないようにしたり、尿素入りクリームで軟らかくしたりする必要があります。

 

イボができやすい人とは?

 原因ウイルスは、水や湿気のある場所を好んで増殖します。水泳をする人、ジムやヨガ教室に通う人、道場で裸足になってけいこをする人、水仕事の多い人、多汗症の人などは、ウイルスにさらされる危険が高く、イボもできやすいといえます。
 
 病気で免疫力が低下している人、免疫を抑える治療を受けている人、亜鉛が不足している人も、ウイルスや細菌全般に感染しやすいので注意が必要です。同じ状況でも、イボができる人と、できない人がいるように、体質にも関係があるようです。

 

イボはどのように診断しますか?

 タコもウオノメも、痛くなければ特に治療は要りません。ただし、ウオノメは歩行時に激しい痛みを伴うことが多く、そうなると治療が必要です。
 
 ウイルス性疣贅のほとんどは、見た目で診断できます。
 
 まず、患部の指紋の有無を調べます。タコができても指紋はなくなりませんが、イボは表面がツルツルになり、指紋が消えて見えません。次に、針を刺した跡のような、複数の小さな点からの出血があるかを調べます。指紋消失と点状の出血がイボの特徴で、これらがあるとイボと診断されます。

 

どのように治療しますか?

 イボは、痛みや不快感の有無にかかわらず、病変の拡大や、他人への感染を防ぐために治療が必要です。治療の基本は、原因ウイルスの排除と、できてしまったイボの治療です。重症度や発症期間によって治療法は異なり、軽症のイボは、市販のサリチル酸クリームで治ることもあります。
 
 重症のイボには、凍結療法が一般的です。急速に冷やすことで自己治癒力を刺激し、白血球を呼び寄せ、ウイルスを退治し、傷んだ組織の回復を促します。患部に炎症が起きて水ぶくれになり、それが徐々に縮小して完治します。
 
 従来は液体窒素をスプレーなどで塗布する方法が主流でしたが、窒素が散って健康な皮膚を傷める危険があるのと、窒素の温度が低すぎて痛みを感じ、治療を続けられない人もいました。しかし最近は、ペン型の新しい凍結療法用医療機器によって、痛くない程度に温度を調整し、イボを正確に狙えるようになりました。当院が導入したペン型機器の場合、施術時間は1カ所40~60秒。ピリピリという刺激はありますが、普通は麻酔不要です。2週間に1回の治療を最低6回続けます。
 
凍結療法で治らないときは、レーザーで焼きます。凍結療法と同じように、患部に炎症を起こして治癒を促します。1、2回の治療で完治を期待できますが、熱で皮膚深部が損傷し、痛みの新たな原因になることもあるため、まずは凍結療法を試します。
 
自宅でのケアも非常に大事です。硬くなった皮膚を削った後の抗生物質や亜鉛クリームの塗布、亜鉛サプリメント摂取、胃薬のシメチジン服用を必要に応じて指導します。亜鉛とシメチジンには免疫力を向上させる働きがあり、イボができにくくなるといわれます。パッドや靴の中敷きを使い、患部に圧力がかからない工夫も必要。適切な治療と日常ケアで、しつこいイボも治ります。

 

イボは予防できますか?

 水や湿気をなるべく避け、ジムでのシャワー時はサンダルを履き、帰宅後も寝る前に足を洗います。ヨガマットは持参し、他人のマットは消毒するか、ソックスを履きましょう。

※来週はアトピー性皮膚炎治療について、鍼灸師のリン・ゼン先生に伺います

 

▽イボの治療前(上)=患部の指紋が消え、細かい多数の点から出血し赤くなっている。▽治療後(下)=凍結療法と、その後のレーザー治療を合計数カ月続けた結果(写真提供:林先生)
スクリーンショット 2015-10-23 16.56.36

林美香先生
Mika Hayashi, DPM

足病医学博士(DPM=Doctor of Podiatric Medicine)。ニューヨーク大学関節疾患専門病院(NYU Hospital for Joint Diseases)提携医師。米国足病医学会(ABPM)公認足病専門医師。足の骨折、ねんざ、腱鞘炎、関節炎、かかとの痛み、水虫、イボ、むくみ、しびれなど、足の病気や悩み、けがの治療と手術が専門。日本の医学学会で講演も多い。

林美香足病科クリニック

TEL
212-682-0043
WEB
http://www.mikahayashi.com/
MAP
350 Lexington Ave., Suite 501 (at 40th St.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント