2015/10/09発行 ジャピオン834号掲載記事

心と体のメンテナンス

歯科治療に関する疑問あれこれ(後編)

選べるホワイトニング 前歯の白い斑点も解消

歯を白くする「ホワイトニング」について教えてください。

 歯科医院で行う施術と、自宅でできるセルフケアの2種類に大別されます。いずれもさまざまな方法や技術がありますが、薬剤を使って歯を漂白する仕組みは基本的に同じで、優れた美白効果を期待できます。
 
 歯科医院の施術は即効性がありますが、自宅でのセルフケアは、2週間程度かけて徐々に歯を白くします。歯科医院での施術後に白さを定着させるため、自宅ケアを勧めることもあります。費用は、自宅ケアの方が格段にお手頃です。
 
 人によっては、薬剤が歯や歯茎を刺激し、痛みを伴うこともあります。その場合、歯科医院での施術よりも、濃度の低い薬剤を使用するセルフケアをお勧めします。また、虫歯や歯の亀裂、歯茎の問題は痛みの原因になるので、事前に治療します。歯垢や歯石も除去しておきましょう。
 
 大抵の痛みは一時的です。しかし、何日も続く場合は、歯科医師に相談し、薬剤の成分を変えるか、濃度を低くするなどの選択肢を相談してください。

 

自宅でのセルフケアの方法は?

 まず、歯科医院で歯型に合わせてマウスピースを作ります。それに漂白効果のある薬剤を入れ、薬剤濃度によって30分、または就寝時の装着を、2週間毎日続けます。
 
 薬剤の使用量が多過ぎると、歯茎が刺激を受けて損傷します。また、マウスピースが歯に合わないと、薬剤が歯茎について、痛みの原因になります。マウスピースが合うかを確認し、歯科医師の指導の下で正しく使うことが大事です。
 
 歯に張るホワイトニング用シートは、低濃度の薬剤が塗布されています。薬局で処方せんなしで購入でき、簡単に使える便利な製品ですが、処方薬剤に比べ、美白効果は劣ります。

 

どんな歯も白くなりますか?

 ワイトニングで解決できるのは、飲食物やたばこのヤニが原因の変色や、生まれつきの黄ばみ、薬剤の副作用で起こる黄ばみ、加齢による黄ばみなどです。一部の抗生物質が原因で黄色く変色した歯も、歯科医院での特別な施術によって色調を改善できることがあります。
 
 ただし、効果には個人差があります。必要に応じて施術を繰り返し、自宅ケアによるメンテナンスも勧められます。歯に着色するような飲食物(コーヒーや赤ワインなど)を避けるなどの心掛けも大事です。
 
 一方、変色が強い歯は、満足する効果をそもそも期待できないことがあります。セラミックやコンポジットレジン(白い詰め物)で歯の表面を修復している場合も、効果はありません。歯のエナメル質形成が不完全などの理由で、神経が過度に刺激され、痛みで施術を続けられない人もいます。そういった場合は、ラミネートべニア治療を検討します。歯の表面をごく薄く削り、セラミック製の薄片を張り付ける方法で、見た目を短期間で改善することができます。
 
 ホワイトニングは、以前はラミネートべニア治療が唯一の方法でした。今では体や歯への負担の小さい施術が普及し、より身近になりました。

 

歯の表面の白い斑点(ホワイトスポット)を目立たなくする方法は?

 白い斑点は、歯のエナメル質の石灰化が不完全な状態です。胎児のときに何らかの原因でミネラルが沈着しなかったり、虫歯の原因菌によって酸が発生し、カルシウムが溶け出したりなどの原因が考えられます。前歯にできて気になる場合は、専用薬剤を歯の表面に塗り、歯の再石灰化を促すことで、目立たなくすることが可能です。これは歯科医院で行う施術ですが、市販のフッ素入り歯磨きペーストが有効な場合もあります。

 


麻酔注射の痛みをなくす方法は?

 麻酔注射が怖くて虫歯治療をつい後回しにする人は、少なくありません。注射の痛みを和らげる方法はいろいろですが、当院は「デンタルバイブ(DentalVibe)」という器具を導入しました。
 
 ハンドヘルド機器で注射部位に振動を与え、注射針の刺激による痛み信号の脳伝達を阻害します。痛みをあまり感じなくなったと、患者に喜ばれています。
 
 歯科技術は日々進歩しています。自己判断で治療をあきらめず、歯科医師に相談してください。
 ※ 来週は、林美香先生に足の悩みについて伺います。

麻酔注射の痛みを感じにくくする歯科用機器「デンタルバイブ」。ハンドヘルド端末で注射部位に刺激を与え、痛み信号の脳伝達をブロックする(写真提供:BING Innovations)
スクリーンショット 2015-10-05 18.13.14

ヨハン・キム先生
Yohan Kim, DMD, FICOI

歯学博士(DMD=Doctor of Medical Dentistry)。ペンシルベニア大学卒。ニューヨーク大学/ベルビュー病院勤務歯科医師。2011年から後進にインプラント技術を指導。国際口腔インプラント学会フェロー(FICOI=Fellow in International Congress of Oral Implantologists)、認定インビザラインプロバイダー。一般歯科、インプラント、審美歯科など。マジソン・デンタル・ロフト院長。

Madison Dental Loft

TEL
646-687-7898
WEB
http://www.madisondentalloft.com
MAP
70 W 36th St., Suite 10A (bet. 5th & 6th Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント