2015/08/07発行 ジャピオン825号掲載記事

心と体のメンテナンス

適用広がる歯科インプラント(前編)

治療技術が飛躍的に進歩 難しい症例も治療可能に

歯科インプラント(以下インプラント)治療について教えてください。

虫歯や歯周病、けがなどによって失った歯を補う、比較的新しい治療法です。「かむ」という歯本来の機能と、見た目に自然な審美性を回復することができます。

 歯を失った部分の顎(あご)の骨に人工歯根を埋め、その上に人工歯(クラウン)や入れ歯を装着します。このネジ状の人工歯根をインプラントといい、主にチタン製のものが使われます。

 インプラント治療は、患者に「新しい天然歯」を与えるようなものです。天然歯にとって害になることは、インプラントにも害になります。インプラント自体は金属なので虫歯にはなりませんが、周囲の歯肉や骨が細菌に感染して炎症が広がると、インプラントが不安定になり、最悪の場合は治療をやり直さなければなりません。逆に、歯磨きやデンタルフロスによる口内清掃と、定期健診を徹底すれば、一生使い続けることができます。

インプラント治療は誰でも受けられますか?

治療法自体は1960~70年代からありましたが、米国では80年代に、一般大衆を対象に効果的に行われるようになりました。その後の約30年で治療技術は飛躍的に進歩し、以前は治療の対象外とされてきた難しい症例も、現在は安全かつ効果的に治療できるようになりました。インプラント治療は、今では米国で広く普及しています。

 インプラント治療が適すかどうかの判断にあたり、最も大事なことは体の健康状態と、歯と歯茎の状態です。そのため、まず患者の病歴を確認し、服用中の薬やサプリメント、歯を失った理由を聞きます。口の中に細菌感染などの問題がある場合は、インプラント治療前に治します。次に、歯科用コンピューター断層撮影(CT)検査によって、治療部位の骨の厚みや高さを確認します。それらの結果を総合的に検討し、治療できるかどうかを判断します。

 治療部位の骨量が少ない、あるいは骨が軟らかい場合は、インプラントを埋められる場所があまりないこと、また埋めても安定しにくいことから、以前は治療の適用外となることがほとんどでした。しかし今は、骨を作る骨造成技術が発達し、CT検査によって骨の厚みや高さ、状態、位置などを正確に把握できるようになったことなどから、治療の可能性が格段に向上しました。

 例えば、骨の幅が非常に薄く、インプラント埋入が難しいケース。骨を二つに割いて、できた隙間に人工骨を入れます。数カ月後、骨が造成され、厚みができたところでインプラントを埋入します。このように、以前はインプラント治療を諦めるしかなかった症例も、CT検査や治療技術の発達のおかげで対応可能になりました。

 抜歯後は、顎骨の吸収(骨が分解されて減ること)が進みやすく、骨の減少とともに歯肉も下がります。そのような場合も、骨造成治療によってインプラント埋入が可能です。

 健康状態に特に問題がなければ、高齢者でも治療は可能です。私が治療した最高齢の患者は、歯茎が痩せて総入れ歯が合わなくなり、食べ物をうまくかめなくなった94歳の女性です。治療後、女性は食事を楽しめるようになり、栄養状態も改善しました。

治療前に知っておくことは?

体の免疫力が低下し、細菌感染リスクが高い、高血圧の人、血液をサラサラにする薬を服用中で大量出血の恐れがある人は、治療の可否を慎重に検討する必要があります。特定の骨粗しょう症治療薬を服用中の人、血糖値をコントロールできていない糖尿病の人、ヘビースモーカーも要注意です。

 また、ブリッジ治療や入れ歯に比べて、インプラント治療は時間がかかります。埋入したインプラントが骨と結合し、安定するのを待ってから人工歯を被せるためです。治療期間は、骨造成治療が不要な場合で3~6カ月、必要な場合で6~9カ月ほど。難しい症例では1年半~2年かかることもあります。

 インプラント治療は、費用も高めです。専門医やかかりつけ歯科医とよく相談し、自分に最も合った治療法を選びましょう。

※来週は、難しい症例と最新技術を使った治療計画策定について伺います。

(治療前)=上の前歯がなく、下の前歯も激しい歯ぎしりのせいで縮んで短くなっていた。
(治療後)=インプラント治療によって、自然できれいな歯並びとかむ力が回復した(写真提供:Dr. Bastadjian)
スクリーンショット 2015-08-14 15.18.54

ジョー・バスタジアン先生
Joe Bastadjian, DDS

歯科補綴(ほてつ)・インプラント専門医師。ニューヨーク大学(NYU)歯学部口腔外科卒業後、補綴歯科専門課程とインプラント手術フェローシッププログラムを修了。NYU歯学部歯周療法学・インプラント科の元臨床准教授。米国歯科医師会、オッセオインテグレーション学会会員など。審美・一般歯科の中村デンタルNY(www.NakamuraDentalNY.com)と提携し、日本人患者も多い。

Joe Bastadjian DDS, PC
Prosthodontics & Implant Surgery

TEL
212-832-6440
MAIL
DrBastadjian@gmail.com
WEB
http://www.NYSMILEPRO.com
MAP
205 E 64th St., Suite 403 (bet. 2nd & 3rd Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント