2018/07/06発行 ジャピオン974号掲載記事

グルめぐり

ATOティールーム

974_gurumeguri_sub

「Original 'ATO' Toast」はクリームが溶けない、アツアツのうちに食べるのがミソ。小腹が空いたときにちょうどいい。9ドル

ATO Tea Room

TEL
917-261-7052
WEB
http://www.atotea.com
MAP
15 Wooster St. (bet. Canal & Grand Sts.)

ソーホー密着型カフェ、開店

 今年5月にソーホーにオープンした「ATOティールーム」は、同エリアの日本食レストラン「ATO」のオーナーが手掛ける、アジアのお茶がテーマのカフェ。約7人掛けの小ぢんまりした店内はとても静か。

 開店以来、近隣住民の要望やアドバイスを反映し、内装やメニューを少しずつ改良してきたという。入口に生けられてあった花も、客が持って来たもの。共同パートナーの樫村愛さんは、「世話焼きで優しいコミュニティーです」と笑う。

 京都から取り寄せている日本茶6種の中でも夏のオススメは、水出しの3年番茶。作り置きの渋みを防ぐため、毎日必要な分だけ仕込む。番茶は熟した茶葉を使うため、摘みたての葉特有の「角」が取れた、まろみのある味わいが特徴。「番茶は体の芯を冷やさないので健康にもいいですよ」と樫村さん。

 ほうじ茶ラテも人気。香ばしい味わいが、ミルクと出合うことでワンランク深みのある味に進化。

 そして樫村さんが日本茶に合うスイーツを探求した末に辿り着いたのが、小倉トースト。毎朝ホイップするフレッシュな生クリーム、薄切り食パン、そして控えめな甘さの小豆の三重奏が、さっぱりした後味を実現。

 現在、焼き菓子の提供や、茶葉のカスタムギフトパッケージの制作なども検討中。ATOはまだまだ進化する。

中国産のハンドメード茶器なども販売している
オーガニックの茶葉を使用した「Sannenban Cha」(4ドル75セント)

ATOティールーム

974_gurumeguri_sub

「Original 'ATO' Toast」はクリームが溶けない、アツアツのうちに食べるのがミソ。小腹が空いたときにちょうどいい。9ドル

ATO Tea Room

TEL
917-261-7052
WEB
http://www.atotea.com
MAP
15 Wooster St. (bet. Canal & Grand Sts.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画