2018/04/20発行 ジャピオン963号掲載記事

グルめぐり

トルスト

963-Gurumeguri_1

SteakTartare

「SteakTartare」は世界中の調味料を隠し味に使うため、大人の味覚が試される。コースは5〜7品構成、85ドル~。要予約。

TØRST

TEL
718-389-6034
WEB
http://www.torstnyc.com/
MAP
615 Manhattan Ave., Brooklyn, NY 11222

クラフトビールの名店に新シェフ登場

グリーンポイントにある「トルスト」(デンマーク語で「喉の渇き」)は、常時21種の生と250種の瓶入りクラフトビールをそろえる通好みの店。2013〜16年には店奥の別室(20席)でおまかせコースを提供、ミシュラン星一つを獲得。ワインや蒸留酒を全く出さない店による星ゲットは史上初とか。

その後提供を中断していたが今年再開。登板する新シェフはマシュー・クルーズさん。サンフランシスコの名店「インシチュ」の副料理長職からの移籍。

メニューは季節の魚介や有機野菜を素材にするため、ほぼ日替わり。例えば、前菜の人気品「ステーキタルタル」は、契約農場から仕入れる新鮮な生のビーフを、酢漬けの梨やコールラビとあえたもの。中央に鎮座する卵の黄身は生ではなくスービド(真空調理法)で、固めの半熟に仕立てられている他、サンチョークのチップスで食感に変化を作るなど、一品の中にきめ細やかな技が満載だ。口にすると濃厚なタンパク質のパワーが舌を興奮させる。ペアリングに薦められた銘柄はドイツ産の無ろ過ラガー「ケラービール」。めちゃくちゃ喉越しが爽やか。

自家製モツァレラやホタテのクルードも全く違う刺激があって「クラフト欲」をかき立てるが、デザートは必食。ジャージー種牛乳のクレームフレーシュを使ったアイスクリームは、どこまでもまろやかな味わいで、ビールざんまいの幕切れにふさわしい。

21種の生ビールは日替わり。イーブルツインなどの希少種も
コースより「House Ice Cream」。乳脂肪分にリミッターをかけていない濃厚なデザート

トルスト

963-Gurumeguri_1

SteakTartare

「SteakTartare」は世界中の調味料を隠し味に使うため、大人の味覚が試される。コースは5〜7品構成、85ドル~。要予約。

TØRST

TEL
718-389-6034
WEB
http://www.torstnyc.com/
MAP
615 Manhattan Ave., Brooklyn, NY 11222

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント