2018/03/02発行 ジャピオン956号掲載記事

グルめぐり

チワワ

Chihuahua_1

「Los Tacos」。左からポーク、チキン、ビーフ。脂や香辛料も控えめでヘルシーな口当たり。きりりと冷えた特製のマルガリータがよく合う。10~12ドル

Chihuahua

TEL
347-531-0954
WEB
http://www.chihuahuanyc.wordpress.com
MAP
47-02 Greenpoint Ave. Sunnyside, NY 11104

ご近所で見つけた本場のメキシカン

 サニーサイド(クイーンズ)は47ストリートとグリーンポイントアベニューが作る三角コーナーに佇む「チワワ」。名前とは裏腹に重厚な木製ドアに閉ざされているためちょっと入りにくいが、中は品の良いメキシコ料理店だ。

 2015年秋のオープン以来、近隣やSNSでの評判がすこぶる良い。「特別なことは何もしていません。ただ心を込めて自分たちがおいしいと思う料理を提供しているだけです」と謙遜気味に話すのはオーナーのアルフォンソさん。食の街で有名なメキシコ南部プエブラの出身だ。

 メニューの一番人気は、タコス。特約店から毎日入荷するトルティーヤ(皮)は、注文を受けてからちょうど2分で焼き上がる。特有のくさみが少なく、さっぱりした味わい。具材は、アドボソースでマリネしたチキン、パイナップルとグアヒヨ・チリであえたポーク、ステーキ風に焼いたビーフ、ガーリックソースでカラッと焼いてピコ・デ・ガヨ(トウガラシベースの調味料)をあしらったエビなど全9種。いずれもスパイスのバランスが良く、素材の味をよく引き立てている。

 ワカモレにはマンゴーとザクロの実をあしらい、トウモロコシのバター炒めに粉チーズとマヨネーズを添える。トウモロコシの隠し味には、メキシコの薬草エパゾテも。センシティビティー(繊細さ)は全料理に貫かれている。

変形スペースにウッディな内装で、ちょっとフォーマルな雰囲気
「Guacamole」(13ドル)と「EsquitesDel Barrio」(7ドル50セント)。

チワワ

Chihuahua_1

「Los Tacos」。左からポーク、チキン、ビーフ。脂や香辛料も控えめでヘルシーな口当たり。きりりと冷えた特製のマルガリータがよく合う。10~12ドル

Chihuahua

TEL
347-531-0954
WEB
http://www.chihuahuanyc.wordpress.com
MAP
47-02 Greenpoint Ave. Sunnyside, NY 11104

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント