2018/01/12発行 ジャピオン949号掲載記事

グルめぐり

トゥモロー

TOMORROW_1

メニューは単品4ドル、3品セットが10ドル。「SpicyChicken」(写真中央下)や「MapoTofu」(写真左)などの定番メニューも充実

TOMORROW

TEL
917-261-7445
WEB
http://www.tomorrow.nyc
MAP
200 Pearl St. (bet. John & Fulton Sts.)

気軽に3品、四川の家庭料理

 オフィスビルが立ち並ぶ金融街に昨年11月にオープンした、中華料理店「トゥモロー」。同店オーナーのアメリー・カンさんは、四川の家庭料理、ドライポットを提供する店「マーラープロジェクト」のオーナーとしても知られる。 モットーは、中国の家庭料理を、より「シンプルで手軽」に提供することだ。

 四川省の家庭料理を単品一律4ドル、白米付きの3品セット10ドルで提供。テークアウトも可能で、事前オーダーはテキストメッセージでも受け付ける。

 シンプルなシステムについては、「月曜のランチでも二日酔いの日曜の朝食でも、脳細胞と時間は無駄遣いするべきじゃない」とアメリーさん。

 大きなボウルに盛り付けられた、12種類以上あるメニューが、ガラス越しにずらりと並ぶ。四川の冷菜の定番、コリコリの豚の耳はラー油に漬け込んで辛味をぎゅっと閉じ込めてある。メーンにはスパイシーチキンがオススメ。酢で締めたキュウリと湯葉をあえることで、澄んだ辛味がぐっと強調される。冬は温かくて甘いトマトと卵の炒め物も外せない。スパイスで刺激された体にじんわり染み入るやさしさだ。

 これは辛い? おすすめは何?と、店員とあれこれ話しながら選ぶ時間がまた楽しい。何種類も食べたい時は、大人数で立ち寄ってみよう。営業時間は午前11時から午後9時まで。

「Pig Ear in Chilli Oil」は白米のお供にも、酒のツマミにも良し
カフェダイナーのような、TPOを選ばないシンプルな店内

トゥモロー

TOMORROW_1

メニューは単品4ドル、3品セットが10ドル。「SpicyChicken」(写真中央下)や「MapoTofu」(写真左)などの定番メニューも充実

TOMORROW

TEL
917-261-7445
WEB
http://www.tomorrow.nyc
MAP
200 Pearl St. (bet. John & Fulton Sts.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/12/14発行

巻頭特集
ニューヨークらしいバッグがほしい日本で使ってい...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント