2017/12/01発行 ジャピオン944号掲載記事

グルめぐり

ソット・レ・ステレ

SOTTO le STELLE_1

ピッツアはトマト系9種、ホワイト系7種。写真は水牛のモツァレラを使った、一番人気の「ブファリーナ」。イタリア産地ビールがよく合う。14ドル50セント

SOTTO le STELLE

TEL
718-685-2086
MAP
358 W. 46th St. 44-07 Queens Blvd. Sunnyside, NY 11104

17秒の奇跡! 本格ピッツァを召し上がれ

 去る9月、サニーサイドのクイーンズブルバード沿いに本場ナポリ式のピッツェリアが誕生した。新店なのに毎晩大盛況。「ウナ・ピッツァ・マルゲリータ・ペルファボーレ!」と威勢のいい掛け声がイタリア語で飛び交う。

 ピッツァイオーロ(ピッツァ職人)は、ナポリの隣町アマルフィ出身のマヌエル・グレゴリオさん。17世紀半ば発祥の伝統的ピッツァの特徴はシンプル&ナチュラルだ。小麦粉、塩、水とイーストのみの生地は、よくこねたら室温で30時間寝かせて自然発酵させる。トマトソースやモツァレラチーズなどの具材は、ほとんどイタリア直輸入。極め付きは、ナポリから持ち込んだ巨大な石窯である。

 「本場の技を見せようか?」とマヌエルさん。生地を宙に放り投げ、器用に伸ばしたところに手際良くトマトソースを回し塗る。サンドライトマトと水牛のモツァレラ(イタリア産で希少)をまぶしたら、長い柄のついたヘラで、セ氏510度の窯の中へ。みるみる生地は膨れ、おいしそうな焼き色が。大きな気泡ができるのが特徴。

 仕上げにヘラで浮かせて、さらに焦げ目をつける。焼き上がりまでわずか17秒。出来立てを頬張れば、表面はカリカリ香ばしく、中はしっとり。かむほどに小麦の味がにじみ出る。モツァレラはクリーミーで爽やか。ドライトマトが甘みを作り全体に上品な仕上がり。ピザにあらず、ピッツアなり。

高性能石焼き釜を操るマヌエルさん。一回で9枚同時に焼ける
自家製パスタも充実。写真はホウレンソウとリコッタチーズのラビオリ。16ドル

ソット・レ・ステレ

SOTTO le STELLE_1

ピッツアはトマト系9種、ホワイト系7種。写真は水牛のモツァレラを使った、一番人気の「ブファリーナ」。イタリア産地ビールがよく合う。14ドル50セント

SOTTO le STELLE

TEL
718-685-2086
MAP
358 W. 46th St. 44-07 Queens Blvd. Sunnyside, NY 11104

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント