2017/11/03発行 ジャピオン940号掲載記事

グルめぐり

ミフネ・ニューヨーク

MIFUNE New York_1

「MIFUNE Chirashi Box」。イボダイの刺身は燻(くん)製に。日本人シェフならではの微細な技や隠し味が、シャンパンと良く合う。26ドル

MIFUNE New York

TEL
646-581-4702
WEB
http://www.mifune-restaurant.com
MAP
245 E. 44th St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)

パリの風に乗って新ジャパニーズ参上

 3年の準備期間を経て10月にオープンしたミッドタウンの新顔「ミフネ・ニューヨーク」。日本映画の大スター、故三船敏郎氏の家族が全面的にプロデュース参加しただけあって、現代風でありつつも風格ある空間が、早くも話題の的だ。

 もちろん主役の料理もミフネの剣さばき並みに切れ味がいい。監修はパリのミシュランの一つ星レストラン「ソラ」の吉武広樹シェフ。厨房のエクスキューションもフランスで長年腕をふるった気鋭の日本人シェフたちが行う。

 メニューには、「アンガス牛のタルタル半熟卵と土佐酢ソース」「銀ダラの西京焼きパルメザンチーズフォーム」など野心的かつ繊細な品々が並び、垂涎(すいぜん)を禁じ得ないが、森嶋支配人が「日本人のお客さまにぜひ召し上がっていただきたい」と推奨するのはランチの「ミフネ・チラシボックス」。

 三船の家紋入りの塗り六角重三段のうち、上段はマグロ、サーモン、サワラ、イボダイなど新鮮な刺身盛り。二段目がすし飯に錦糸卵とイクラのちらし。三段目が同じくカンピョウとワケギのちらし。刺身を客が好みのチラシに乗せて食べ比べるという心憎い演出だ。

 季節の地元産野菜を念入りに調理した3種のサイドは、ほんのりフレンチの風味がいいアクセントに。マンハッタンでのビジネスランチや大切な友達との会食に最適だ。

和の静謐(ひつ)とモダンが同居する。地下合わせて全88席
「Grilled Chicken Yuan Style」はとろけるような口当たり。ライスとサイド付きで18ドル

ミフネ・ニューヨーク

MIFUNE New York_1

「MIFUNE Chirashi Box」。イボダイの刺身は燻(くん)製に。日本人シェフならではの微細な技や隠し味が、シャンパンと良く合う。26ドル

MIFUNE New York

TEL
646-581-4702
WEB
http://www.mifune-restaurant.com
MAP
245 E. 44th St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/11/30発行

巻頭特集
ニューヨークの不動産は住宅としても、投資対象と...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント