2017/08/25発行 ジャピオン930号掲載記事

グルめぐり

ナオキ

NAOKI_1

「Naoki Tasting Course」より、「花籠(かご)」。コースの始めからいきなり8品目が楽しめる、欲張りメニュー。練り物など海の幸も豊富だ。80ドル

NAOKI

TEL
646-861-0086
WEB
http://www.naokinyc.com
MAP
311 W. 17th St. (bet. 8th & 9th Aves.)

石庭を眺めながら、安らぎの和食

 チェルシーに先月オープンした和食料理店「ナオキ」。同店の自慢は、黒を基調としたモダンな店内で、ガラス越しに本格的な石庭を眺めながら食事ができること。夜には艶やかにライトアップもされる。マンハッタンの一等地では、なかなかお目に掛かれない景観だ。

 看板メニューは、全6品からなる「ナオキ・テースティング・コース」。「炙り屋緊錦之介」や「ソルト・アンド・チャコール」の料理長として名を馳せた、飯田二郎シェフが監修している。

 「花籠(かご)」はその1品目。。8種の小皿の詰め合わせだ。内容は日ごとに少しずつ異なる。この日は、もろこし豆腐やナスみそ田楽などのオーソドックスな和食に始まり、ケールのごま和え、スパイシーな小エビの天ぷらなどのアレンジメニューがそろった。だしのきいた優しい味付けが、日本人の郷愁を誘う。

 続くコースメニューも、すき焼きなどのアントレに、貝柱とエビのそば米リゾット、刺身盛り合わせなど、どこを取っても主役級のラインアップがうれしい。

 食後のデザートメニューも力作がそろう。中でも「ガーデン・抹茶ティラミス」は、上質な抹茶の粉を表面に振りかけ、枯山水に見立てていて、枡の中で波打つ様が美しい。すくって食べると、絹のように滑らかに舌の上で溶け、見た目も味もうっとりさせられる一品だ。

マンハッタンの喧騒(けんそう)を忘れる、洗練された石庭が特徴
「Garden Matcha Tiramisu」はたっぷりボリューム。みんなで分け合いたい。10ドル

ナオキ

NAOKI_1

「Naoki Tasting Course」より、「花籠(かご)」。コースの始めからいきなり8品目が楽しめる、欲張りメニュー。練り物など海の幸も豊富だ。80ドル

NAOKI

TEL
646-861-0086
WEB
http://www.naokinyc.com
MAP
311 W. 17th St. (bet. 8th & 9th Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント