2014/10/31発行 ジャピオン786号掲載記事

グルめぐり

NIHACHI

1

冷たいつけそば(写真は3種)。左からごま、トマト、大葉キュウリのタレ。各10ドル。

NIHACHI

TEL
212-387-9545
WEB
http://www.nihachisoba.com
MAP
228 E. 10th St. (bet. 1st & 2nd Aves.)

創作そばと小皿料理

 イーストビレッジのイタリアン「Dieci(ディエチ)」が週末ランチ限定で、創作そばと小皿料理を、カクテルや日本酒と楽しむコンセプトの店をオープン。店名は10丁目228番地の28と、二八そばを意味する「NIHA- CHI(にはち)」に掛けた。

 冷たいつけそばのタレは、完熟トマトとトリュフオイル、大葉とキュウリのすり流し、ピリ辛ごまの3種(各10ドル)。温かいかけそばは、鶏のガーリック南蛮(12ドル)とユズ鴨南蛮(15ドル)の2種。それに季節ごとのスペシャルが加わる。単品でもいいが、お薦めは5ドル足して前菜2種が選べるコース。

 鶏と野菜のうま味たっぷりのだしは濃厚で、そばのゆで加減も絶妙。あっという間につるりと完食だ。

 またかつおと昆布の和風ベースに、ヒュメ・ド・ポアソン(魚介だし)を合わせただしを使用するユズ鴨南蛮は、ポアロネギの甘みも絶妙に調和し、ここでしか味わえない一品となっている。

 シェフの熊谷さんは、もともとグラフィックデザインの勉強をするためニューヨークに来て、現職に転職したという変わり種。東京のそば屋で働いていたときに師匠から、料理のロジックを教わったという。和食とイタリアンの料理法を基に、想像と創造の翼を広げている。

 金~日曜日の正午から午後3時まで。

この日の前菜の一つは、生ハムを使った一品。
こじんまりとした居心地のよい店内。

NIHACHI

1

冷たいつけそば(写真は3種)。左からごま、トマト、大葉キュウリのタレ。各10ドル。

NIHACHI

TEL
212-387-9545
WEB
http://www.nihachisoba.com
MAP
228 E. 10th St. (bet. 1st & 2nd Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント