2017/07/28発行 ジャピオン926号掲載記事

グルめぐり

ブルバップ・グリル

Bul Bap Grill Brooklyn_1

「トルソッビビンバ」。石器の熱がライスをかすかに焦がし、独特の香ばしさを生む。「混ぜる」行為でみるみるおいしくなる一品だ。16ドル

Bul Bap Grill Brooklyn

TEL
718-383-3663
WEB
http://www.bulbapgrill.com
MAP
646 Manhattan Ave. Brooklyn, NY 11222

心尽くしの新しいコリアン

 食の街グリーンポイントに新登場のネオ・コリアン。廃材を再利用したモダンなインテリアや、スチール製のインダストリアルなハイチェアが、今様の空間を作り出す。

 月替わりのメニューには、コリア風フライドチキン(外皮パリパリ、中身しっとり)からスンドゥブ・チゲ(ダシが効いて辛味控えめ)、フィッシュタコまで、コリアン料理を超えた品々が自由に並ぶ。「どれも素材にこだわり、少しだけひねりを効かせました」と語るのはオーナーのジェイさん。

 中でも人気の一品は、トルソッ(石焼き)ビビンバ。アツアツに熱した石製の丼に、炊きたてごはんを盛り、シイタケ、モヤシ、青菜、ニンジンのナムルを敷いた上に、薄切り牛肉のブルコギと生卵の黄身を載せる。

 盛り付けの色彩美に見とれていてはいけない。好みの量のコチュジャンを加えて、ライスが赤く染まるまでスプーンで、すかさず混ぜる。

 石器の熱で卵が固まり、食材同士も適度に混ざってきた頃合いでかっ込めば、食材の豊かな滋味が喉を越え、胃に染みる。

 「ビビンバの命は新鮮な食材。うちは毎日ファーマーズマーケットで仕入れます」とジェイさん。

 モダンな要素を取り入れながらも、コリアン料理の基本を忘れないその精神は、噂のデザート氷菓、ビン・スウにも貫かれている。

一見飾り気のないインテリアは料理の引き立て役
「イチゴ・ビン・スウ」。イチゴミルクで作った氷を、特殊器具できめ細やかにシェイブ。8ドル〜

ブルバップ・グリル

Bul Bap Grill Brooklyn_1

「トルソッビビンバ」。石器の熱がライスをかすかに焦がし、独特の香ばしさを生む。「混ぜる」行為でみるみるおいしくなる一品だ。16ドル

Bul Bap Grill Brooklyn

TEL
718-383-3663
WEB
http://www.bulbapgrill.com
MAP
646 Manhattan Ave. Brooklyn, NY 11222

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント