2014/10/24発行 ジャピオン785号掲載記事

グルめぐり

アンガス・クラブ・ステーキハウス

784_gourmet01

塩加減、焼き加減ともにパーフェクトな「骨付きサーロイン」(52ドル)。

Angus Club Steakhouse

TEL
212-588-1585
WEB
http://www.angusclubsteakhouse.com
MAP
135 E. 55th St. (bet. 3rd & Lexington Aves.)

35日熟成の最高級ステーキ

 今年2月にオープンした「アンガス・クラブ・ステーキハウス」。シェフのエドワード・アブドリさんは「多くのステーキハウスでは25日熟成のドライエイジドビーフを使用していますが、うちのスタンダードは35日熟成。より長期間熟成することで、肉のうま味と香りが一層増すんです」と胸を張る。

 牛肉はネブラスカまたはカンザス州産、USDAの最上級品質と認定されたものだけを使用。アブドリさんが毎朝、ブロンクス区で1957年から続く老舗食肉卸店「マスター・プルベイヤス」へ出向き厳選。店に併設する熟成庫で、一定の温度を保ちながら乾燥熟成させる。

 外側の乾燥した部分はトリミングするため、最終的にステーキに使う部分はプロセス前の60%以下とごくわずか。一口頬張れば、濃縮された肉汁がジュワっと口内に広がる。肉好きなら一度は味わってほしい一品だ。

 クラシックモダンの内装で、落ち着いた雰囲気の店内。デートにはもちろん、ファミリーや友人などとのカジュアルな集まりにもぴったり。

 骨付きサーロイン(52ドル)、ポーターハウス(2人前、102ドル)は、看板メニュー。ランチタイムには、ジュニアサーロインやリブアイが32ドルで、クラシックバーガーが20ドルで食べられる。食後には、自家製ニューヨーク・チーズケーキとキーライムタルトもお忘れなく。

前菜には、カニの身がごっそり入った「クラブケーキ」(26ドル)を。
地下のメーンダイニング。シャンデリアの柔らかな光がすてきな夜を演出してくれる。

アンガス・クラブ・ステーキハウス

784_gourmet01

塩加減、焼き加減ともにパーフェクトな「骨付きサーロイン」(52ドル)。

Angus Club Steakhouse

TEL
212-588-1585
WEB
http://www.angusclubsteakhouse.com
MAP
135 E. 55th St. (bet. 3rd & Lexington Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント