2017/06/02発行 ジャピオン918号掲載記事

グルめぐり

ガイジン

Gaijin

「6 Piece Omakase Set」(50ドル)の一つ、あぶり大トロのウニとキャビア添え。キリっと冷えた日本酒といただくのがおすすめ

Gaijin

TEL
929-328-2891
WEB
http://www.gaijinny.com
MAP
37-12 31st Ave. Astoria, NY 11103

グローバルすしの最先端

 食の激戦区アストリアで評判のすし屋さん。「日本人じゃないすし職人でもここまで握れるのを見せたくて」と話すのは、共同オーナーでシェフのマーク・ガルシアさん。イリノイ州出身。19歳で見習いを始めて以来、シカゴの名店を14年間渡り歩いて腕を磨いた。

 昨年秋、満を持してニューヨークに上陸して同店をオープン。モダンな店内にはスタッフの若い活気がみなぎる。

 勧められるままに、カウンターでおまかせコースを頼む。シマアジ、コハダ、ヤリイカ、金目タイ、ハマチ、穴子…。ケースに並ぶ築地からの直送品はどれも鮮度抜群。そこに米北東海岸で水揚げされたマグロ、ヒラメ、ウニなどを加え、ネタのラインアップは申し分ない。

 「基本を押さえた上で、フレーバーを少し工夫して握る」のがマークさん流。例えば、淡白なヒラメにはとろけるあん肝を乗せ、金目タイの豊かな脂質は、富士リンゴのソースで緩和。さらに、あぶった大トロにウニとキャビアを合わせるなど、発想がユニークだ。プレゼンテーションも美しい。

 味も決して奇異には陥らず、すし本来の鮮度と食感を存分に楽しめる。味わいの大胆な交錯が醸す、深みのあるうま味たるや、まるで上質なスイーツをいただいているよう。

 21世紀の今、すしの精神は間違いなくグローバルに受け継がれている。

マークさんとスタッフたち。できればカウンターでいただきたい
すしだけでなく、炉端焼きや丼物も人気のメニュー。写真は「土瓶蒸し」(14ドル)

ガイジン

Gaijin

「6 Piece Omakase Set」(50ドル)の一つ、あぶり大トロのウニとキャビア添え。キリっと冷えた日本酒といただくのがおすすめ

Gaijin

TEL
929-328-2891
WEB
http://www.gaijinny.com
MAP
37-12 31st Ave. Astoria, NY 11103

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント