2017/05/05発行 ジャピオン914号掲載記事

グルめぐり

ゴーゴーカレー ミッドタウンイースト(53丁目)店

GO!GO!CURRY

「ポークカツカレー(シングル)」。素人が作ると5時間かかるという複雑な工程を、同店開発の特殊な技法で55分に短縮したという。7ドル50セント

GO!GO!CURRY Midtown East Stadium

TEL
646-678-5259
WEB
http://www.gogocurryamerica. com
MAP
235 E. 53rd St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)

今日の朝食はカレーにしよう!

 ニューヨーク市内とボストンで計7店舗を展開する「ゴーゴーカレー」のミッドタウンイースト店。日系企業がひしめくビジネス街からすぐ近くにある。

 メニューの中でも「とにかく米国店舗では一番売れています」と大森智子同社米国社長が太鼓判を押すのが、「ポークカツカレー」(メニュー5番)。55段階もある手の込んだ調理過程を経て生み出される秘伝のカレーソースはコクとまろ味があり、バランスよく合わさった奥深いスパイスがクセになる。

 ライスが隠れるほど大きな、揚げたてのポークカツは、衣パリパリで中はしっとり。同店の発祥地、金沢の特徴的なスタイルである、たっぷりかかったとんかつソースの酸味と甘辛さが、味わいを一段と濃厚にする。

 同店舗限定の新商品は、カレー具材とチーズを挟んだ「カレーグリルド・サンドイッチ」。同店長リラさんの考案で、こんがりトーストとカレー味の取り合わせがライト。コーヒー、千切りキャベツ、ゆで卵、サイドソースとのセットで7ドルは激得。日本のモーニングセットの感覚で軽くいただける。

 同店は朝8時55分から営業。「11時までの『元気アワー』にカレーを頼むと、トッピング一品サービスです!」と大森社長。今後5年で全米55店舗達成を目指すという。とことん元気な、街のカレー屋さんだ。

出勤前の朝食にも、ランチにも便利なロケーションだ
「カレーグリルド・サンドイッチ」。サイドのソースにつけながらいただく。単品5ドル、セット7ドル

ゴーゴーカレー ミッドタウンイースト(53丁目)店

GO!GO!CURRY

「ポークカツカレー(シングル)」。素人が作ると5時間かかるという複雑な工程を、同店開発の特殊な技法で55分に短縮したという。7ドル50セント

GO!GO!CURRY Midtown East Stadium

TEL
646-678-5259
WEB
http://www.gogocurryamerica. com
MAP
235 E. 53rd St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント