2017/04/07発行 ジャピオン910号掲載記事

グルめぐり

クイーンズ・キックショウ

Queens Kickshaw

「Grilled Cheese: Gruyère」。柔らかい自家製プレッツェルブレッドと。自家製トマトスープかグリーンサラダ付き。11ドル

Queens Kickshaw

TEL
718-777-0913
WEB
http://www.thequeenskickshaw.com
MAP
40-17 Broadway Astoria, NY 11103

アストリア生まれのハッピーな味

 地下鉄M、R線スタンウェイ駅近くのベジタリアンレストラン。ジェニファー・リムさんとベンジャミン・サンドラーさん夫婦は、「2011年にオープン以来、新鮮で良質な食材を使ったメニューを低価格で出すように努力しています」と話す。コーヒーやアルコール類の種類も充実し、早朝から深夜まで営業するアストリアンの憩いの場所だ。

 シェフのコーリー・エステルさんのオススメは、「グリルドチーズ」で、一番人気は、スイス原産でフランス料理にもよく使われる「グリュイエール」。秀逸なのはそれを挟む自家製パンだ。ふんわり柔らかい。ある時、助手がプレッツェルを作ろうとしてレシピを間違えて、偶然できた。名付けて「プレッツェルブレッド」はジェニファーさん曰く「ハッピー・アクシデント」だ。そのパンの間で、トロ〜リとろけるクリーミーなグリュイエール。カラメル状に炒めたオニオンのほのかな甘味と、酢漬けオニオンの酸味が、これ以上なくシンプルで、かつ味わい深い一品だ。

 赤と緑のピーマンが踊る「そばヌードル」も試したい。インドネシアの代表的な調味料サンバル(生唐辛子やニンニクベース)と、ピーナッツソースで炒めてある。自家製キムチも入り、相当激辛かと思いきや、ピーナッツソースのまろやかさがそこを絶妙にコントロール。思いがけず、アストリア生まれのハッピーな味に遭遇した。

「Soba Noodles」。“ピーナッツサンバル”とキムチで。13ドル
オーナー夫妻がデザインした店内空間(photo: John Tyson)

クイーンズ・キックショウ

Queens Kickshaw

「Grilled Cheese: Gruyère」。柔らかい自家製プレッツェルブレッドと。自家製トマトスープかグリーンサラダ付き。11ドル

Queens Kickshaw

TEL
718-777-0913
WEB
http://www.thequeenskickshaw.com
MAP
40-17 Broadway Astoria, NY 11103

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント