2016/02/05発行 ジャピオン850号掲載記事

グルめぐり

ラーメンbyミュー

スクリーンショット 2016-02-04 18.23.38

「豚骨ラーメン」。巨大な自家製チャーシューは、豚バラ肉を煮てタレにつけただけ。歯応えもほどよく、シンプルにおいしい。あえて凝らないのが身上。12ドル

Ramen by Mew

TEL
212-727-1050
WEB
http://ramenbymew.com
MAP
7 Cornelia St. (bet. W. 4th & Bleecker Sts.)

人気の居酒屋がラーメンで勝負

 若者に圧倒的人気を誇る、コリアンタウンの居酒屋ミューが、2015年12月、グリニッチビレッジにラーメン専門店「ラーメンbyミュー」を開いた。全7品のうち2品が豚骨スープ。げんこつ(大腿骨)とカシラ(こめかみなど豚頭部の肉)を7時間煮込んだ後、翌日さらに7時間煮続けて白濁させる。クリーミーで深遠な味わいが魅力だ。

 豚骨系の雄は、ずばり「豚骨ラーメン」。麺はコシのある中太の卵麺で、トッピングには丼からはみ出る自家製大判チャーシューが2枚。そして生ホウレン草がふんだんに乗る。脂質の少ないスープはいつまでも飽きがこず、麺との絡み具合も抜群。

 一方、残り5品は、鶏を9時間煮込んで作る透明なチンタンスープ。あっさり系。細目の縮れ麺の喉ごしがいい。こちらの代表格は、「柚子ラーメン」だ。チャーシューを冷たいまま細切りにして、ネギと一緒に柚子胡椒で和えたトッピングが、スパイシーなるも爽やかな印象。サラダのような涼味とラーメンの温もりが二段重ねになった珍しい一品だ。

 店の内装は、古いレコーディング機材を集めた一種独特な雰囲気。そんなインテリアと、音楽とラーメンが融合した、新しいコンセプトのラーメン屋だ。

 ちなみに同店は、オープン直後の週末で早くも一日250食完売を達成している。

「柚子ラーメン」。柚子とレタスのトッピングがミュー流。12ドル
レトロなスタジオ機材を利用したユニークな店内。全41席

ラーメンbyミュー

スクリーンショット 2016-02-04 18.23.38

「豚骨ラーメン」。巨大な自家製チャーシューは、豚バラ肉を煮てタレにつけただけ。歯応えもほどよく、シンプルにおいしい。あえて凝らないのが身上。12ドル

Ramen by Mew

TEL
212-727-1050
WEB
http://ramenbymew.com
MAP
7 Cornelia St. (bet. W. 4th & Bleecker Sts.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント