2016/01/29発行 ジャピオン849号掲載記事

グルめぐり

酒バー萩46

スクリーンショット 2016-01-28 19.18.03

クリーミーで、家庭的なソースが魅力の「明太子スパゲティ」。シンプルで、なぜかいつも食べたくなる逸品。9ドル50セント

Sake Bar Hagi 46

TEL
212-956-2429
WEB
http://www.hagi46.com
MAP
358 W. 46th St. (bet. 8th & 9th Aves.)

かの料理評論家もご執心の居酒屋

 ニューヨークでは〝IZAKAYA〟が急増中。ブームの火付け役は、タイムズスクエアにある「萩」だ。10年以上前から「低価格」「おいしい」「ボリューム満点」の居酒屋主義を貫き、人種国籍を超えて絶大な支持を得てきた。その「萩」が、西46ストリートのレストランロー(街)に2号店を出した。「メニューも値段も本店と全く同じです」とはマネジャーのチャック今井さん。席にあぶれる客が続出する本店の盛況を見かねて新店舗を開いたという。

 メニューの一番人気は、明太子スパゲティ。ごくシンプルな仕立てなるも、ソースにマヨネーズを仕込むなど味付けが柔らかく非常に親しみやすい。

 「小手先のひねりは一切使わない。普通が身上です。一度、味を変えてみたら常連から文句が出たので戻したくらい」とチャックさんが苦笑するレバニラ炒めも、モヤシとニラのしゃっきり感と、肉厚なレバーの取り合わせがいい。

 そんな「萩」に注目しているのが、テレビでおなじみの料理評論家アンソニー・ボーデイン。世界中を食べ歩いている彼が「これぞ本物の居酒屋」とたびたび訪れるらしい。新著の出版記念パーティーもここで開いたそうだ。

 本店と違いランチも営業する。昼飯から居酒屋メニューを注文できるのもうれしい。この鷹揚(おうよう)さこそ、ボーディンを虜(とりこ)にした「隠し味」かもしれない。

「贅沢ティーカップ」。刺身3種にウニ、イクラほか。16ドル
連日満員のにぎわい。2号店は予約も受け付ける

酒バー萩46

スクリーンショット 2016-01-28 19.18.03

クリーミーで、家庭的なソースが魅力の「明太子スパゲティ」。シンプルで、なぜかいつも食べたくなる逸品。9ドル50セント

Sake Bar Hagi 46

TEL
212-956-2429
WEB
http://www.hagi46.com
MAP
358 W. 46th St. (bet. 8th & 9th Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント