2015/11/20発行 ジャピオン840号掲載記事

グルめぐり

イースト・ウインド・スナック・ショップ

スクリーンショット 2015-11-26 18.58.14

ニューヨークタイムズをはじめとする地元各メディアにも取り上げられた、クリスさん渾身の力作「焼き小龍包」、5ドル(5個入り)

East Wind Snack Shop

TEL
929-295-0188
WEB
http://www.eastwindsnackshop.com
MAP
471 16th St, Brooklyn, NY 11215

プロスペクトパークのグルメ飲茶

 発展著しい、ブルックリンはプロスペクトパーク地区に、今年2月にオープンした飲茶と軽食の店。創作和食のノブやフレンチの名店ジャン・ジョルジュで腕を磨いたオーナーシェフ、クリス・チェウンさんが手掛けるだけあり、クラシックな飲茶以外にも、28日間熟成ビーフを使ったギョーザや、フォアグラを挟んだパオなど、和洋折衷のアイデアメニューもそろえている。

 「お客さんのほとんどが、これを目当てにやって来るんだよ」とクリスさんが出してくれたのは、黄金色の皮に包まれた「焼き小龍包」。毎朝、店内でブロック肉からあらびきにしているという豚肉に、たっぷりのしょうがとニラを混ぜ合わせ、特製調味料で味付けしている。もちもち食感を残しつつも香ばしく焼き目の付いた皮も、見事。一口かじれば、素材のうま味が凝縮した肉汁が、瞬く間に口内に広がっていく。焼き小龍包そのものにもしっかり味が付いているが、お好みで黒酢を使った特製のしょう油を付ければ、また違った風味が楽しめる。

 もう一つの看板メニューが、トロトロの豚チャーシューを、真っ白のふわふわ生地で挟んだパオ。主役の濃厚チャーシューは程よく脂がのっていて、甘辛のホイシンソースとピクルスの酸味がよい引き立て役となっている。

 全22席のアットホームな店は、〝ちょっと小腹が空いたとき〟に訪れたい店だ。

日本食やフレンチにも精通する、オーナーシェフのクリスさん
生地から全て手作りの「チャーシューパオ」。3ドル50セント

イースト・ウインド・スナック・ショップ

スクリーンショット 2015-11-26 18.58.14

ニューヨークタイムズをはじめとする地元各メディアにも取り上げられた、クリスさん渾身の力作「焼き小龍包」、5ドル(5個入り)

East Wind Snack Shop

TEL
929-295-0188
WEB
http://www.eastwindsnackshop.com
MAP
471 16th St, Brooklyn, NY 11215

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント