2015/09/18発行 ジャピオン831号掲載記事

グルめぐり

AZASU

スクリーンショット 2015-09-25 1.30.44

ニューヨークにいながらにして、両国伝統の味が楽しめる。ボリューム満点の「ちゃんこ鍋」は1人20〜25ドルとお得

Azasu

TEL
212-777-7069
WEB
http://www.azasunyc.com
MAP
49 Clinton St. (bet. Stanton & Livington Sts.)

どすこい! 相撲茶屋にリニューアル

 ローワーイーストサイドの台所が9月より、日本から気鋭のシェフ本井一美さんを投入し、メニューを一新した。目玉は、本場両国の味を再現した「ちゃんこ鍋」。相撲茶屋に遊びに来た感覚を楽しんでほしい、というオーナーの柴田学さんのこだわりが、随所に垣間見える。「アルマイトの深鍋は、日本から調達しました。ちゃんこはこれじゃなきゃ!」と語る柴田さんは、生粋の江戸っ子だ。

 ちゃんこを食べる前に、まずは取り皿代わりのすり鉢で白ごまをよくする。そして、たっぷり時間をかけて取った鶏の白湯スープを火にかける。スープが煮立ったら、自家製の生つくね、鶏肉、豚肉、白菜、キノコ、ハマグリなど、山海の幸を一気に入れ、具材に火が通ったところで、タレとスープとをすり鉢で混ぜ合わせる。口当たりはあっさりながらコクのある奥深いスープは、具材本来の味を引き立てる。「『ちゃんこは太る』というイメージは誤解。実は栄養バランスの取れた健康食なんです」と本井シェフ。「相撲取りには糖尿病がいないからね!」と柴田さんが間の手を入れた。

 鍋のシメには、ラーメンを。さまざまなうま味が合わさって織り成すスープの妙味は、専門店にも劣らない。他にも、自家製炙りシメサバ、串かつ、ハマグリの酒蒸しなど魅力の前菜がいっぱい。場所中は大相撲の試合映像を、店内にどんと構える大型モニターで流す計画だ。

相撲茶屋の雰囲気たっぷりの店内
ワンカップ大関を大胆にかけ回す「ハマグリの酒蒸し」。20ドル

AZASU

スクリーンショット 2015-09-25 1.30.44

ニューヨークにいながらにして、両国伝統の味が楽しめる。ボリューム満点の「ちゃんこ鍋」は1人20〜25ドルとお得

Azasu

TEL
212-777-7069
WEB
http://www.azasunyc.com
MAP
49 Clinton St. (bet. Stanton & Livington Sts.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント