2015/08/28発行 ジャピオン828号掲載記事

グルめぐり

ティースワール・クレープ

スクリーンショット 2015-08-29 11.25.01

「マッチャ・アズキビーン」(左)と「ティー・スワール・フルーツ・カクテル」(各7ドル95セント)

T-Swirl Crêpe

TEL
212-614-0200
WEB
http://www.t-swirlcrepe.com
MAP
247 E. 14th St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)

こだわりの食材が光るクレープ

 クレープ店「T-Swirl Crêpe」が7月、市内5店舗目となるイーストビレッジ店をオープンした。
 注文後に焼かれる生地の上に、手早く丁寧にクリームや果物を並べ、くるっと丸めたクレープはボリューム満点。しかし、同店のこだわりは量だけではない。

 「米粉を使ったグルテンフリーの生地は、もちっとした食感が特徴です。抹茶は日本から取り寄せ、ジェラートはイタリアの製品を使用しています」と笑顔で語るのは、オーナーのジェリー・リーさん。

 質へのこだわりは、一口食べれば分かるはず。リーさんオススメの「マッチャ・アズキビーン」は頬張った瞬間、抹茶の濃厚な味わいと小豆の上品な甘さが口の中にふわっと広がる。

 看板メニューの「ティー・スワール・フルーツ・カクテル」はイチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、バナナなど果物が盛りだくさん。そのさっぱりとした口当たりの秘密は、クリームにある。「カロリーに配慮して、生クリームの代わりに、ヨーグルトのホイップを使用しています」とリーさん。女性には何ともうれしい心遣いだ。

 食事としていただけるクレープも多数ある。「シュリンプ・アボカド」は、エビ、アボカド、ニンジン、赤ピーマンなどに、チリソースをかけた、サラダ仕立ての一品。ランチにもこれ一つで十分だ。

 店内には男性の一人客も多く、幅広い客層に親しまれている。

もっちりとした食感の日本風生地は、注文の都度焼き上げる
「シュリンプ・アボカド」(7ドル95セント)はサラダ仕立ての一品

ティースワール・クレープ

スクリーンショット 2015-08-29 11.25.01

「マッチャ・アズキビーン」(左)と「ティー・スワール・フルーツ・カクテル」(各7ドル95セント)

T-Swirl Crêpe

TEL
212-614-0200
WEB
http://www.t-swirlcrepe.com
MAP
247 E. 14th St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント