2015/05/29発行 ジャピオン815号掲載記事

グルめぐり

ダニー・ブラウン・ワインバー&キッチン

1

「Zimmerman’sGreen Circle Chicken “Under a Brick”」(26ドル)。半身のチキンに重りを乗せて焼くことで、肉の風味を凝縮。身はホクホク、皮はカリカリ。ヨーロッパでは伝統的に重りにレンガを使う

Danny Brown Wine Bar & Kitchen

TEL
718-261-2144
WEB
http://www.dannybrownwbk.com
MAP
104-02 Metropolitan Ave. Forest Hills, NY 11375

アーミッシュ農場の〝エコ・チキン〟

 クイーンズ区フォレストヒルズにあり、地元住民に絶大な人気を誇るこの店。店名は、地元出身のオーナーシェフの名前。バルセロナとパリで料理修行をし、マンハッタンでキャリアを積んだダニーさんが、生まれ故郷で開いた初の自分の店だ。

 2006年開店当時からの定番の一品が、「ズィマーマンズ・グリーン・サークル・チキン〝アンダー・ブリック〟」だ。チキンを、ペンシルベニア州のズィマーマン・アーミッシュ農場から仕入れる。その背景たるやユニークなり。

 「オーガニック野菜しか使わないマンハッタンの超高級レストランから、野菜の残りカスをかき集め、それをエサに放牧飼育したチキンです。成長ホルモンなど一切使っていません」とダニーさん。

 食べ物の循環利用で無駄をなくし環境保護に貢献、しかも味わい深いチキンが育つという。そのチキンの身半分(ブレストとモモ肉)に重りを乗せ、オーブンで焼いたのがこの一品だ。皮はカリッと焼き上がり、重りで味が凝縮された肉は、ジューシーで柔らかい。15時間かけて作る野菜ベースの熟成ソースが肉に染み込み、それを食する舌にもしかり。ローズマリー風味のローストポテトと、苦味が特徴のイタリア産野菜エスカロールとの相性も抜群だ。

 自家製の小皿料理「ポーク&ヴィール・パテ」は、白ワインにも赤ワインにもぴったり。28種類のグラスワインがある。

ゆったりしたテーブル配置で、バーも雰囲気あり
「House Made Pâté de Campagne」(9ドル)。ポークとヴィールのパテ

ダニー・ブラウン・ワインバー&キッチン

1

「Zimmerman’sGreen Circle Chicken “Under a Brick”」(26ドル)。半身のチキンに重りを乗せて焼くことで、肉の風味を凝縮。身はホクホク、皮はカリカリ。ヨーロッパでは伝統的に重りにレンガを使う

Danny Brown Wine Bar & Kitchen

TEL
718-261-2144
WEB
http://www.dannybrownwbk.com
MAP
104-02 Metropolitan Ave. Forest Hills, NY 11375

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント