2015/04/03発行 ジャピオン807号掲載記事

グルめぐり

テリヤキ・ボーイ

1

「アソーテッド串」は、焼き鳥4本セットで12ドル。焼き鳥を盛り付ける木の器は一枚ずつ手づくりしたもの

Teriyaki Boy

TEL
917-388-2039
MAP
844 2nd Ave. (at 45th St.)

立ち飲み屋のこだわり焼き鳥

 日本ではすっかり定着した立ち飲み文化が今春、ニューヨークに上陸。この3月にオープンした「テリヤキ・ボーイ」では、焼き鳥と酒が仕事帰りに手軽に楽しめる。カジュアルな立ち飲みスタイルだが、料理の味は本格派だ。

 「鶏肉はその日に処理された新鮮な地鶏を仕入れ、1晩寝かせてから使います。こうすることで肉が柔らかくなるんですよ」と、社長の若山大木さん。

 焼き鳥は1本3ドルから。串の盛り合わせなら、モモとムネに好きな2本を加えた4本セットで12ドルと、価格も手頃だ。

 モモは皮がパリっとしていて、中はジューシー。ワサビのトッピングが見た目にも美しい。タレは、ワインとラム酒をじっくり煮込み、炭の香りをつけた、テリヤキ・ボーイのオリジナル。甘さ控えめで、鶏肉のうま味をより一層引き立たせてくれる。

 日本酒は、一升瓶から豪快にマスに入れたコップについでくれる。「男山」「臥龍梅」などの人気の酒をそろえているが、「ハウス酒」として供されるので、銘柄は店にお任せ。それが同店のスタイルだ。

 黒で統一された壁や照明にもこだわるなど、雰囲気もクール。軽く飲んで食べるなら30ドルで楽しめるので、待ち合わせにも便利。しかも、「チップはいただきません」と若山さん。

 立ち飲みは午後5時から。ランチタイムはテリヤキボックスのテイクアウト店として営業している。

テーブルのレイアウトや壁の色、照明にもこだわっている
ガーリックが効いた「枝豆とベーコンのホイル焼き」。6ドル

テリヤキ・ボーイ

1

「アソーテッド串」は、焼き鳥4本セットで12ドル。焼き鳥を盛り付ける木の器は一枚ずつ手づくりしたもの

Teriyaki Boy

TEL
917-388-2039
MAP
844 2nd Ave. (at 45th St.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント