2015/02/27発行 ジャピオン802号掲載記事

グルめぐり

ファべーラ・クバーナ

1

甘酸っぱいパッションフルーツのソースがよく絡む、同店看板メニューの「フランゴ・イパネマ」。ランチ13ドル、ディナー18ドル

Favela Cubana

TEL
212-777-6500
WEB
http://www.favelacubana.com
MAP
543 LaGuardia Pl. (bet. Bleecker & W. 3rd Sts.)

果実の恵みに彩られた中南米の味

 グリニッジビレッジにある、ブラジル/キューバ料理店。ドラマーとして音楽の勉強をするため、キューバとブラジルに渡ったイタリア人オーナーのマルコ・ブリッティさんが、「食」と「音楽」を大切にして人生を楽しむ現地の文化に触発され、6年前にオープンした。

 中南米の情緒あふれる同店お薦めの一品は、「フランゴ・イパネマ」。リオデジャネイロに位置する風光明媚な海岸「イパネマ」の名を冠したこの鶏肉料理は、ブラジル伝統の味。タイム、ローズマリー、オリーブオイル、パプリカを使った特製ソースで下ごしらえをした鶏肉を、回転式オーブンで4時間かけてじっくりと焼き上げる。

 外はかりっとしているのに、身はナイフを使わなくてもほぐれてしまうほど軟らかく、ジューシー。あくまでもシンプルな味付けの鶏肉に、甘酸っぱいパッションフルーツのソースが華を添え、味に深みを出している。同店オリジナルのトロピカルカクテルとの相性も抜群だ。

 軽くランチを済ませたいなら、キューバ庶民の味「キューバン・サンドイッチ」を。カリカリにトーストされた薄生地のパンの間にたっぷりと詰まっているのは、香ばしく、舌でとろけるほど軟らかいプルドポーク。ほんのりと感じられる、ラテンアメリカ料理には欠かせないオレンジ風味のシーズニング「ナランハ・アグリア」に、カリブのエッセンスが感じられる一品だ。

ランチに最適の「キューバン・サンドイッチ」。12ドル(ランチ)
中南米の雰囲気あふれる店内。週末にはブランチメニューも

ファべーラ・クバーナ

1

甘酸っぱいパッションフルーツのソースがよく絡む、同店看板メニューの「フランゴ・イパネマ」。ランチ13ドル、ディナー18ドル

Favela Cubana

TEL
212-777-6500
WEB
http://www.favelacubana.com
MAP
543 LaGuardia Pl. (bet. Bleecker & W. 3rd Sts.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント