2019/04/12発行 ジャピオン1013号掲載記事

ダートキャンディー

1013_Hitokuchi_Dirt-Candy_1

写真は「ベジタブルガーデンコース(99ドル、チップ込み」に登場する「北京ピー」。スナップエンドウ豆と湯葉、千切りの野菜を薄いクレープに巻いて北京ダック風にいただく。コースはこの他にも、ムース、タジン料理、ミニバーガー、パスタなど盛りだくさん

ダートキャンディー

遊び心いっぱいの
ビーガン&ベジタリアン

ベジタリアン料理と聞いて、「健康的だけど、味が薄くて単調だし、おなかいっぱいにならない」という考えがよぎった人は、「ダートキャンディー」へ行ってみよう。味わいのバラエティーが豊かで、しかも遊び心いっぱいのプレゼンと仕掛けに、ついつい箸(実際にはナイフとフォーク)が進み、最後にはおなかもハートも大満足になる! という魔法のようなビーガン&ベジタリアン・レストランだ。

セレブシェフのアマンダ・コーエンが手掛ける同店は、もともと2008年にビーガン&ベジタリアン専門レストランとしてイーストビレッジにオープン。当初は18席の隠れ家的レストランだったが、みるみる人気が出て、2015年にスケールアップして、ローワーイーストサイドに移った。提供しているのは「ベジタブルパッチ」(5品)と「ベジタブルガーデン」(10品)のコース料理のみ。カラフルでポップ、そして創意工夫にあふれる料理の数々は、野菜の持ち味、旨み、自然の色合いを巧みに生かした“野菜のワンダーランド”だ。最後には野菜嫌いのあなたも、きっと野菜が好きになる!

Dirt Candy
86 Allen St.
(bet. Grand & Bloome Sts.)
TEL: 212-228-7732
dirtcandynyc.com
生野菜と温野菜のバランスが小気味よいサラダ「ブラッシカ」
もちっとした食感が楽しい「モンキーブレッド」

NYジャピオン 1分動画