2019/02/08発行 ジャピオン1005号掲載記事

魚虎

1005_Hitokuchi_Uotora_1

すしおまかせ($70)」は食前酒、手巻きずし、みそ汁が付く。ネタの種類は仕入れによって異なるので、何が食べられるかは店に着いてからのお楽しみ。今回の取材では、中トロ、真ダイ、イサキ、本マグロ、カマスなどが並んだ

魚虎
「食べたい味」を集めた
熟成ネタをおまかせで

夕暮れ時のブルックリン区クラウンハイツで、魚を描いたちょうちんに灯りが灯された。昨年オープンしたすし店「魚虎(うおとら)」の開店の合図だ。

ニューヨークで料理人として20年以上の経歴を持つ、2人の共同オーナーが「自分たちが本当に食べたいすし」をモットーに立ち上げた店。メニュー作りから内装まで、全て2人で一から作り上げた。抑えめの価格で上質なすしが食べられるという口コミがあっという間に広がり、今では来客の半数がリピーターだという。マンハッタンから足を運ぶ人も少なくない。

不動の人気を誇るメニューは、すし10貫「おまかせ」。日本産が中心のネタを熟成(エイジング)させて、赤酢のシャリと共にふわりと握る。角のない、まろやかな口当たりのシャリが、熟して深い味わいになったネタと溶け合い、見事な味の調和を生む。

ちなみに2月14日のバレンタインは、この「おまかせ」に刺身が付いた、スペシャルメニューを1日限定で提供予定(要予約)。詳細は要問い合わせ。

Uotora
1075 Bergen St., Brooklyn, NY 11216
TEL: 718-513-0724
uotorabk.com
「おまかせ」に刺身を付けた、バレンタイン1日限定メニューは95ドル。白木のカウンターで刺身をつまみながら、すしを待つのも一興。のれんとちょうちんは、日本から特注したもので、いずれも職人の手作業だ

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

特集
イースター(復活祭)は、キリスト教の行事として...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します