2018/09/14発行 ジャピオン984号掲載記事

日暮里

984-hitokuchi_logo

「Tan Tan Men」は日本人好みのうま味スープと、ごまの風味が香る。ピリ辛ながらも辛過ぎず、トッピングの豚ひき肉との相性も抜群だ。13ドル

日暮里
日本で学んだ味を守るシェフ

東京・田端の日本食店で12年間経験を積んだ、ミャンマー(旧ビルマ)人のオーナーシェフ、コウン・ティンリンさんは、2011年にニューヨークでラーメン屋「田端」を2店舗開店。その3年後にこの「日暮里」を、シアターディストリクトにオープンした。「日本で学んだ、そのままの味を提供し、守り続けたい」とマウンさん。

麺と鶏ガラスープは毎日マウンさんが作る。日本人に一番人気という「担々麺」は、鶏ガラスープに白ごまのたれとラー油を合わせ、風味をきかせた秘伝の味。縮れ麺にスープのコクと豚ひき肉のうま味が絡み、ピリッとほどよい辛さで食が進む。トッピングの赤玉ねぎやパクチー、ネギとの相性もいい。

焦がし黒ニンニクの香りが食欲をそそる「侍ラーメン」は、細めのストレート麺ととんこつスープの相性も良く、香ばしさをより引き立てる。他に、すし、定食セットや丼もの、炉端焼きメニューなどもそろう。約60席。

Nippori
245 W. 51st St.(bet. Broadway & 8th Ave.)
TEL: 646-964-5332
info@nipporinewyork.com
www.nipporinewyork.com
「Samurai Ramen」は16ドル。黒ニンニクをきかせたとんこつ味で、肩ロースチャーシュー、煮卵付きだ
微調整ができる日本製の製麺機で、毎日マウンさんが麺を手作り

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント