2014/11/14発行 ジャピオン788号掲載記事

DC暮らし

Kintaro Japanese Restaurant

 昨年5月、ジョージタウンにオープンしたキンタロウ。オーナーシェフの高梨哲郎さんと山本健さんは、当地の老舗日本料理店でメーンシェフを長年務めてきたベテラン。その2人が満を持して開店させた店だ。

 「信頼のおける卸業者から、新鮮な食材を毎日仕入れています。素材を最大に生かしたすし、刺身と家庭的な和食をDCにいる日本人、アメリカ人両方に楽しんでもらうのがモットーです」

 看板メニューは、旬の魚をふんだんに使用した「ちらし寿司」(ランチ15ドル、ディナー20ドル)とシンプルな味付けの「揚げだし豆腐」(6ドル)。ちらしずしは、7~11種類の刺身を使い、しいたけ、かんぴょうと自家製厚焼き玉子が彩りを添え、見た目にも豪華な一品。揚げだし豆腐は注文が入ってから衣を付け、軽く揚げた豆腐に、昆布からとっただしをかけ、かつおぶしとネギを乗せる。「料理に使うだしは、毎日シェフ自らが味付け、調理してお客さまにお出ししています」。

 このほか、ラーメンやランチの日替わり弁当、週末には、口に含んだ瞬間とろける程に脂の乗った大トロのにぎりと、幅広く日本食を味わえる。

 テーブル席22席、カウンター2席のこじんまりとした店内には、細やかな気配り、こだわりをが行き届いた暖かい雰囲気が常に漂っている。
(森下昌子)

テーマ「食」

4

Kintaro Japanese Restaurant

同店の看板メニューは、毎日仕入れている新鮮な旬の魚をふんだんに使った「ちらし寿司」。このほかにも家庭的な和食もメニューに並んでいる。

TEL
202-333-4649
WEB
http://www.kintaro4649.net
MAP
1039 33rd St., NW Washington, DC 20007

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/09/14発行

巻頭特集
今回は、ヘルスケア&クリニックリストに関連して...

   
Back Issue ~8/24/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント