2016/10/14発行 ジャピオン886号掲載記事

DC暮らし

DCの中心 観光の起点に

 DCの中心部に東西に伸びるナショナルモール。北はコンスティテューションアベニュー、南はトーマス・ジェファーソン記念館に挟まれ、連邦議会議事堂の位置するファーストストリートからリンカーン記念堂まで続く、実に300エーカーを超えるその広大な敷地内には数々の記念碑や記念館が点在。通り沿いには数々の博物館が並び、ホワイトハウスも目と鼻の先なので、ここを起点にDC観光する人も多い。

 ナショナルモール全体を一望するなら、リンカーン記念堂を目指そう。1963年にキング牧師が有名な「I have a dream」の演説をしたことで知られる階段に腰かければ、池の先に堂々とそびえ立つワシントンモニュメントと、その真後ろにたたずむ国会議事堂の姿を捉えられる。

 数ある博物館のうち、今、注目を集めているのが新しくオープンした「アフリカン・アメリカン歴史文化博物館」。構想から100年、設立承認から13年の歳月を経て完成した同館は、アフリカ系の芸術家による3万3000点以上の美術品を収蔵。開館初日の9月24日にはオバマ大統領がスピーチを行ったことも話題となった。

 ナショナルモールの見所をくまなく制覇するには1日では足りないが、まずは地図を片手に歩き始めてみよう。(吉野麗子)

連邦議会議事堂は、ナショナルモールの東端に位置する

テーマ「コミュニティー」

スクリーンショット 2016-10-13 19.44.23

National Mall

ナショナルモールの西端にあるリンカーン記念堂からの眺め。正面にはワシントンモニュメントがそびえ立つ

WEB
http://www.nps.gov/nama

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント