2016/10/07発行 ジャピオン885号掲載記事

DC暮らし

熟成肉のバーガー 特性ソースも人気

 DCノースウェスト(NW)地区のさらに北西に、「アッパー・ノースウェスト」と呼ばれる、静かで落ち着いた住宅地がある。学校の教育レベルも高く、家族連れには非常に人気が高いエリアだ。

 そのエリアの中心ともいえるのがDCメトロ・レッドラインのテンリータウン駅で、その駅前に1年前に開店した「バーガー・タップ&シェーク」は、フォギーボトム店に続く2号店。その名の通り「ハンバーガー」「酒」「シェーク」を提供する店で、常に家族連れからカップルまで幅広い世代の客でにぎわっている。

 一番人気は「6バック・チャック」。30日間熟成させたビーフを炭火で焼き、バンに挟んだだけのシンプルなバーガー。パティは肉のうま味がぎゅっと凝縮されていて、表面はカリッ、中はジューシーと熟成肉ならではの魅力を堪能できる。

 同店オリジナルの「APソース」も大人気で、レシピまではさすがに公開していないが、このピリ辛マヨネーズはバーガーだけでなくポテトやオニオンリングにつけてもおいしい、まさに「万能ソース」(APとは「All Purpose」の略)。

 店の鉄則は「カロリーのことは忘れる」こと。おなかを減らして来店し、ハンバーガー、フライ、シェークのフルコースを豪快に楽しみたい。(吉野麗子)

駅前なのでアクセス抜群。平日の午後3時~6時と10時以降、また日曜終日、生ビールが一律5ドルで飲めるハッピーアワーを開催

テーマ「食」

スクリーンショット 2016-10-06 20.48.40

Burger Tap & Shake

左がオニオンリング(4ドル)、中央がバニラシェーク(5ドル50セント)、「6バック・チャック」(6ドル)。後ろに見えるピンクのボトルがAPソース

WEB
http://www.burgertapshake.com
MAP
4445 Wisconsin Ave., NW Washington, DC 20016

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント