2016/07/08発行 ジャピオン872号掲載記事

DC暮らし

大統領や家族も通う 庶民派メキシコ料理

 カクタス・カンティーナは、キューバ・ハバナ生まれのラウル・サンチェスさんがワシントンDC市内で開いたレストラン。アメリカに移住して来た際はポケットにたった5ドルしかなかったというサンチェスさんだが、「良いものをできるだけ安く」を信条にリーズナブルな値段で店を始めたところ評判となり、DCでも人気のメキシコ料理店として知られるようになった。

 そんなカクタス・カンティーナを好んで訪れていたのがブッシュ元大統領(第43代)とローラ夫人だ。あまり外食をしない同氏には珍しいと当時、大いに話題となった。またクリントン元大統領の一人娘のチェルシーさんは、この店のマルガリータが大好きだった母方の祖母と夫と連れ立ってよく食べに行ったと、雑誌のインタビューで話している。更にオバマ大統領の2人の愛娘、マリアさんとサーシャさんは、通っている学校が近いこともあり、同級生と一緒にこの店に立ち寄る姿がよく目撃されているほか、ミシェル夫人もこの店の常連だ。

 おすすめは、熱々の鶏肉や牛肉を野菜と共にトルティーアで巻いて食べる「ファヒータ」。店員によるとマリアさんとサーシャさんもよく好んで食べているそうだ。気軽においしいメキシコ料理が食べたくなったらぜひ訪れてみてほしい。(Ryu)

リーズナブルな料金で、カジュアルな雰囲気のカクタス・カンティーナ。夏はパティオ席が人気

テーマ「食」

スクリーンショット 2016-07-07 13.16.05

Cactus Cantina

「ビーフファヒータ」(1人分/17ドル25セント)は同店の人気メニューで、オバマ大統領の二人の愛娘もお気に入りとのこと

TEL
202-686-7222
WEB
http://www.cactuscantina.com
MAP
3300 Wisconsin Ave., NW Washington, DC 20016

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/09/14発行

巻頭特集
今回は、ヘルスケア&クリニックリストに関連して...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント