2016/03/18発行 ジャピオン856号掲載記事

DC暮らし

政治家が集う イタリア料理店

  ジョージタウンの一角にある「カフェミラノ」は、ロンドンやラスベガスでカジノ産業に長年関わっていたイタリア出身のフランコ・ナスチースさんが1992年に開業したイタリア料理店だ。

 「お客さんとの交流と最高のサービス」を大切にするフランコさんは毎晩、各テーブルを回ってもてなすことを忘れない。そんな店の姿勢とおいしい南イタリアの料理の評判が相まって、すっかりDCの政治家、ロビイスト、外交官、弁護士らが集まる、「パワーあふれる」店として知られるようになった。

 文字通り、いつ行っても誰かしら有力者が食事をしているのだが、バイデン副大統領夫妻やケリー国務長官、クリントン前国務長官のお気に入りとして知られ、オバマ大統領もミシェル夫人の誕生日にこの店で食事会を開き、話題となった。少し物騒な話だが、2011年にはこの店の常連だったサウジアラビア駐米大使の暗殺計画が発覚し、事件の現場になりそうになったことも。フランコさん自ら積極的に捜査当局などに働き掛け、事なきを得たそうだ。

 店の自慢はシーフード料理と毎日店で作る自家製パスタ。DCの有力者が集まるこの店で、魚介類のパスタなどを食べれば、ワシントニアンの気分を味わえるだろう。(KEN)

これからの季節はパテオ席で食事するのもおすすめ。カフェミラノの外観

テーマ「食」

スクリーンショット 2016-03-17 11.32.30

カフェミラノ

自慢はシーフード料理と自家製パスタ。写真はアサリのパスタとラビオリ

Café Milano

TEL
202-333-6183
WEB
http://www.cafemilano.com
MAP
3251 Prospect St., NW Washington, DC 20007

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/11/30発行

巻頭特集
ニューヨークの不動産は住宅としても、投資対象と...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント