2016/03/04発行 ジャピオン854号掲載記事

DC暮らし

中原まりさん

 「日本では書籍の中にしか見たことのなかった建築図面の原図(実物)を、米国に来て初めて見たときのショックは今でも忘れられません」

 博士課程の研究対象だった米国人建築家の原図を見るためにニューヨークを訪れた際、日本で見ていた図面より実物はかなり大きいこと、そして100年経ってもきちんと保管されていることに感動し、「建築アーカイビスト」の道を目指したいと思うようになったと語る中原まりさん。

 日本では建築に関する歴史的に重要な文献、資料を保管する「アーカイビスト」という職種が認識されておらず、国立の建築アーカイブ施設建設計画も進んでいなかったため、本場の米国に渡ろうと決意。たまたま永住権抽選に当選したのをきっかけに、永住覚悟でニューヨークに移り住んだ。

 最初の3年はパートの仕事を掛け持ちし、夢を諦めず追い求めた結果、2003年にフルタイムの職を得てワシントンDCに移る。その後、米国議会図書館アジア部を経て、昨年、念願だった建築アーカイブの仕事に携われる同図書館内のプリンツ&フォトグラフス部のキュレーターのポジションを得て働き始めた。

 「自分の夢に今一番近い所にいることに毎日やりがいを感じている。あと20年はこの仕事を続けたい」

 自分の好きなことに向かってとことん歩み続ければ道は開ける、と身をもって証明してくれているのではないだろうか。(KEN)

2012年桜寄贈100周年の展覧会企画を手掛けた際の中原さん

テーマ「人」

スクリーンショット 2016-03-04 10.16.23

中原まりさん

米国議会図書館・キュレーター、建築アーカイビスト。東京都立大学大学院博士課程修了。ニューヨーク公共図書館、摩天楼美術館などを経て2007年から米国議会図書館勤務。

Library of Congress Prints & Photographs Division

WEB
http://www.loc.gov/rr/print
MAP
101 Independence Ave., SE Washington, DC 20540-4730

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/09/14発行

巻頭特集
今回は、ヘルスケア&クリニックリストに関連して...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント