2016/02/26発行 ジャピオン853号掲載記事

DC暮らし

本場の四川の味 麻味ファン急増中

 近年、若者が集うエリアとして人気のローガンサークル。そんな中に、こじんまりとした中華料理店「グレートウオール四川ハウス」がある。四川省成都出身のオーナーシェフ、ユエン・シェン・チェンさんが2002年に買い取り、妻と始めた店だ。

 開店当初は、チャーハンや麺類など、米国人受けする料理だけをメニューに載せていたが、一方でチェンさんが作る本場四川料理の数々も「隠れメニュー」として提供していた。時を経るごとにこの「隠れメニュー」を頼む客があまりにも増えてきたため、開店4年を機に、正式メニューとして加えたそうだ。

 一番のおすすめは何といっても四川料理の定番、「麻婆豆腐」。唐辛子の辛さの「辣味(らつみ)」と花椒(ホアジャオ)油の舌がしびれるような辛さの「麻味(まみ)」が効いた本場の味が楽しめる。この「麻味」に病みつきとなる人が続出中で、店はいつも混み合っている。麻婆豆腐以外の料理もたいていが四川風のぴりりとした辛さが特徴だ。

 オバマ大統領が中国を公式訪問している最中には、娘のサーシャちゃんとマリアちゃんがお忍びで来店したことも。もちろん、2人は名物の麻婆豆腐を頼んだそうだ。本場の麻婆豆腐が食べたくなったらぜひ足を運んでみてほしい。(KEN)

若者が集まるローガンサークルにある「グレートウオール四川ハウス」

テーマ「食」

スクリーンショット 2016-02-25 19.46.25

Great Wall Szechuan House

「グレートウオール四川ハウス」の一番人気の「麻婆豆腐」(9ドル50セント)。花椒油の「麻味」のとりこになる人も多いそうだ

TEL
202-797-8888
WEB
http://www.greatwallszechuanhouse.com
MAP
1527 14th St., NW Washington, DC 20005

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント