2015/10/16発行 ジャピオン835号掲載記事

DC暮らし

日本人親子を支援 キャピタルキッズ

 バージニア州アーリントンで活動する「キャピタルキッズ」は、日本語を話す親子を対象とした日本語プレーグループ。子供を安心して遊ばせられる場所、日本語の環境、そして日本語で育児の情報交換ができる場所を提供するため、2006年に8組の親子で立ち上げ、現在では50組が登録している。
 
 人の入れ替わりが激しいDCで10年近く続いているのは、創設当初から変わらない、「ゆるやかな運営」のコンセプトがあったから。
 
 「私たちの役目は、週に一度集まる場所を決め、メールを出すことで、とにかく負担にならないように心掛けています」と現在の運営メンバーは語る。
 
 毎週木曜日の午前10時から正午まで、アーリントンの公園で外遊び、というのが基本的な活動内容。出欠は一切取らないので、何時に来て帰ってもいいという気楽さがある。さらに車を持っていない人も参加できるよう、会場はメトロの駅から徒歩圏内の公園を選ぶといった、さりげない配慮も子育て中のママたちから支持されている理由だ。
 
 子供の年齢は、2カ月から4歳まで。ハロウィーンやクリスマスなど、季節に合わせたイベントも催す。
 
 新規メンバーは常時歓迎。興味のある人はまずは「気楽に」参加してみてはどうだろうか。 (吉野麗子)

ボランティアで会を運営するメンバーたち。口コミで、月平均で2組の親子が入会するそう
この日の会場はリヨン・ビレッジ・パーク。参加者はアーリントン近隣の住民が多い

テーマ「コミュニティー」

スクリーンショット 2015-10-23 18.28.00

Capital Kids

MAIL
dckomachikai@gmail.com

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント