2018/07/20発行 ジャピオン976号掲載記事

集まれ みんなの広場

JAA外務大臣杯軟式野球大会④

2勝1敗同士の対決
小雨に負けず猛攻防

 今季のJAA外務大臣杯軟式野球大会予選リーグは、雨天に悩まされ、延期を繰り返してきた。第6週のこの日も小雨が降る中、セントラルパークで試合が行われた。

 昨季ベスト8入りしたニューヨークシティー・ビーズと、準優勝のシルバーズは、今季はこの時点で2勝1敗。試合前には木陰で雨宿りしていた選手らは、試合開始とともにフィールドに一歩足を踏み入れれば元気に「いくぞー!」と気合十分。

 初回は両チームとも得点なしでスタート。シルバーズ先発は今季初めて投手に起用された加藤あつし投手。まずはビーズが二回表に2安打で先制点。シルバーズも三回裏、連続で盗塁を成功させるなど機動力を見せ、試合を振り出しに戻す。

 その後、五回裏まで、両者一歩も引かない攻防を繰り広げた。あくまで和やかな雰囲気だが、選手たちの表情は真剣そのもの。

 小雨が落ち着き、試合も終盤に差し掛かった六回、ビーズ打線が突如覚醒する。失策から出た走者を一塁に置いた後、3安打、さらに失策も絡め一挙4点。その裏、シルバーズ打線も負けじと火を噴く。死球、失策から走者を出した後、2安打を放って3点を挙げビーズを猛追撃した。

 最終七回、ビーズは三者凡退。1点を追うシルバーズはその裏、二死満塁とするまで粘りをみせたが、ビーズの田邊侑吾投手が最後まで力投し、ピンチを切り抜け5–4でビーズが勝利した。

 今年から監督を務めるビーズの菊池慎一郎さんは、「シルバーズは本当に強いチームなので、勝てるかどうかと思ってたんですけど、みんな打って守ったし、投手もよかった。なんとか勝てました」と笑顔。

 勝利した田邊投手は、まだ投手歴1、2年だとか。「チームの雰囲気もすごく良くて、接戦になっても諦めずに戦ってくれました」と安どの表情で試合を振り返る。

 一方、「接戦でしたが、最後をものにできず。くやしいです」と語るのは、シルバーズ10年目の松本祐樹キャプテン。「相手の方が、気持ちが上だったなと思います」。

 この日、初の先発出場となった髙木騰稔(たかとし)選手(二塁手)は、「緊張しましたね」と照れ笑いをこぼす。「打撃が単調になりがちなので、もっと粘れるように心掛けていきたい。シルバーズは試合を重ねて調子が上がっていくチーム。これから期待してください」と力強く締めくくった。

勝利投手のビーズ・田邊侑吾投手は小雨の降りしきる中、交代なしで完投。今シーズンは天候に振り回されがちだが、選手らの闘志は揺るがない
ニューヨークシティー・ビーズは1997年創設。2年前にメンバーの入れ替えを経て集まった現在の選手らの絆は固い
95年創設のシルバーズ。試合中も明るいエールを飛ばし合い、チームの雰囲気は終始和気あいあいとしていた
976_issho_4

菊池慎一郎監督(ビーズ、写真右)
 現在のメンバーで固まってから2年目。なんとなくチームになってきた感じです。一人一人の個人技ではなく、チームとして連携が取れるようになってきました。野球の経験は全く問いません。ただ、野球が好きで、全力でただ野球がやりたい、という人が来てくれたらうれしいですね。

松本祐樹キャプテン(シルバーズ)
 土日が流れてしまっているので、今年はかなり不完全燃焼感はありますが、楽しくやっています。こんな人が欲しい、という特定の希望はなく、これからも今いるメンバー、そして新しく入ってくる人たちと、自分たちの野球をするだけ。勝ちにこだわって、楽しくプレーしていきたいと思います。

メンバー募集中

JAA杯外務大臣杯軟式野球大会

JAA杯は毎週日曜日、ランドールズアイランドと、セントラルパークで開催中。
〈ビーズ・入団希望〉
skikuchi@valkyrconsulting.com
〈シルバーズ・入団希望〉
youki1130@gmail.com

WEB
http://jaabaseball.blogspot.com

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント