2017/08/18発行 ジャピオン929号掲載記事

集まれ みんなの広場

スイソムーブメント

全身の筋肉ほぐし
体のバランス作り

 大きな窓から光がたっぷり差し込む教室で、小川真帆さんが主催するピラティスクラスが行われている。普段使い過ぎている筋肉をほぐし、使われていないインナーマッスルを鍛えることで骨や筋肉を本来の正しい位置に戻し、体の調子を整えることができるのがピラティス。

 この日は「骨盤調整」をテーマにした授業が行われた。クラスは少人数制で、この日は4人が参加。一人一人丁寧に小川さんの指導を受けられるのが特徴だ。

 まずは長いローラーやボールを使って体をパーツごとにほぐしたり、引き締めたりするエクササイズから始まった。「筋肉が硬くなっているところで止めて深呼吸してください」と小川さん。すねや、ももの上、おしりの下にローラーを置き、ゴロゴロと回す。次にボールを背中の下に置いて寝そべり、体全体の筋肉を整える。筋肉を引き締める動きをした際、生徒から「結構痛いです」と声が上がると、「ここは痛くて正解です。筋肉がほぐされている良い痛さと、体を痛める嫌な痛さがあり、やっていくうちに違いが分かってきます」と小川さんがアドバイス。

 ピラティスのポーズをとる前に、その動きと使う体の部分についての説明があるので、それと連動するインナーマッスルを意識して取り組めるのもこのクラスの特徴。最後は伸縮性のある布の両端を持ち、両脇を伸ばすエクササイズで、レッスンが終了した。

 今年1月から始めた主婦の小林さんは「少人数制なので、正しくポーズを取れていない場合は先生が細かく指導してくれるところがいいですね」と話す。

 腰痛や肩凝りの改善、運動不足解消のために通い始めたと語る白崎さんは、「このクラスを取り始めてから、長時間座っていても腰の痛みが出なくなりました。ピラティスは自宅でもできるので、筋肉をほぐしたりしています」と、クラスで習ったことを自宅でも実践しているという。

 3年前、ぎっくり腰になったことがきっかけでピラティスを始めたという藤井さんは「以前は普通に歩いているだけなのに、何もないところでつまずくことがありました。今はそういうことがなくなりました」と言い、体のバランスを整えるというピラティスの効果を実感していると語る。

 「ピラティスを始めて1年ほどです。体重は落ちていませんが、体脂肪が24%から19%まで落ちました」と語る銀行員のキャサリンさんに、小川さんは「筋肉は脂肪より重いので、あるべきところに筋肉が付いた証拠」と笑顔を見せた。

深呼吸しながら体をほぐす動作が多く、「鼻から吸って口から吐く」という基本動作に集中すると、エクササイズの効果が出やすい
「せっかくだからポーズをとりましょう!」という小川さんの呼び掛けで各自クラスで使用するボールやダンベルを持ってパチリ
少人数制なので、小川さんが一人ずつ見て回って正しいポーズを指導することも多い
COMMUNITY_929_1

小川真帆さん
 ストレス解消や体の不調の改善など、クラスに参加する目的はそれぞれですが、皆さん楽しくピラティスをしています。ピラティスはシンメトリーな動きが多いので、筋肉をほぐすことで、体の左右、前後のバランスや調子を整えることができます。また、「何回繰り返せばよい」というものでもありません。その日の体調に合わせて、メニューも変えていくことが必要です。何か始めたいけど何をやっていいか分からない人、スポーツをしている人にもおすすめです。例えばマラソンをしている人は、ピラティスで体の筋肉の位置や働きを知り、走るために必要な筋肉を鍛えることができるので、結果的にけがの予防になり、かつ走りやすくなります。

メンバー募集中

Suiso Movement

グループレッスンは毎週木~土曜日に開催。メニューは、骨盤調整ピラティス、赤ちゃんと一緒の産後ピラティス、マタニティーピラティス、コアストレングスピラティス、リラックスピラティス。レッスン料は1回1時間につき、30ドル。初回体験は15ドル。

TEL
917-903-4880
WEB
http://www.suisoco.com
MAP
448 W. 37th St., #12A (bet. 9th &10th Aves.)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント