2016/07/22発行 ジャピオン874号掲載記事

集まれ みんなの広場

FCジャパン

全米最大級のチーム コミュニティー作り目的

 1992年の設立で、所属メンバーは約60人と、日本人中心のアマチュアチームとしては全米でも最大規模を誇るFCジャパン。その規模の大きさから、ニューヨーク近郊にある日本人チームの中で唯一、フルコート90分で試合を行うコスモポリタンサッカーリーグ(1923年創設)への所属を可能にしている。またニューヨーク近郊の日本人チーム同士が戦うジャパンカップで今年優勝した。

 初夏の土曜日、この日は約30人、上は59歳から下は14歳までという幅広い年齢層のメンバーが早朝から練習。この大所帯を取り仕切る代表、薗田忍さんの的確な指示でテンポよく練習が進む。複数の組に分かれ、パス回しに始まり、ゴールにキーパーを立たせてのシュート練習、実戦を意識したセンタリングから展開してシュート練習、ミニゲームでメニューを終えた。
 
 全体的に笑顔があふれリラックスした雰囲気だったが、随所で、「もっと走らせるパスを出せ」などいった真剣に改善点を指摘し合う光景も見られた。

 「このチームは人の入れ替わりが激しいけど、今が一番、雰囲気が良い時期かもしれない」と語るのは金融会社駐在員の池之上瑛光さん。友人の紹介で2年ほど前に入団。

 「立派な芝生のグランドが無料で使えて、人数もたくさん集まるという環境は、日本に戻ったら難しいと思う。人生でこんなに一生懸命サッカーをやることはもうないかも」と言う。

 FCジャパン歴15年、グラフィックデザイナーの二宮忍さんは、「各自のボランティア精神によって運営されているチームなので、一人一人の助け合いが大事」と長年続くチームの秘訣(ひけつ)を語る。「サッカーだけでなく、日本人のコミュニティーを良くするという意識がチームを支えている」と言う。

 会社員の鶴見康二さんは、FCジャパンに所属して5年。当地のアマチュアチームが国ごとに戦うワールドカップ、コパアメリカ大会に日本代表として出場経験があるベテラン。サッカー以外のプライベートでもメンバー同士が交流し絆を深めていると語る。

 「今日もこの後バーベキューです。最近、子供が生まれたので、妻と子供も連れて参加します。お子さんがいるメンバーから海外での子育てのアドバイスもいただけて助かります」

 薗田さんも「海外で暮らす者同士の集まりですから、生活面での絆も深めるのも大事。サッカーを通じていいコミュニティーを築きたい」と抱負を語った。

所属メンバーは60人と全米でも最大規模の日本人アマチュアサッカーチームであるFCジャパン。この日は30人が実戦を見据えた練習に汗を流した
この日の参加メンバーは14歳から59歳。幅広い年齢層のメンバーが所属している
初心者から上級者までが参加する練習では、さまざまな工夫を凝らして体力作りに励む
スクリーンショット 2016-07-21 17.29.07

薗田忍さん
 リーグ戦での勝利は確かに目的の一つですが、もっと大事なのは、ニューヨークにいる日本人がサッカーを心から楽しめる環境を作ること。またチームでの練習、試合以外でも、飲み会、小旅行、バーベキュー、クリスマスパーティーなどオフコートの集まりも積極的に行っているのがこのチームの特色です。海外で生活している者同士の集まりなので、絆を深めて互いに助け合いができる関係作りも心掛けています。日本に帰国したメンバーも交流を続けている人が多く、ニューヨーク出張に来たときに顔を出してくれます。サッカーを通じて現地ベースの日本人、学生、駐在員などさまざまな人が交流できるコミュニティーを永続させるのが究極的な目的です。

メンバー募集中

FC Japan

経験を問わず、サッカー好きを歓迎。チームには、初心者からプロレベルでやっていた人までが所属。毎週土曜日、午前8時15分から朝練。年中無休。コスモポリタンリーグは9月から12月と3月から6月に参加。

MAIL
iujsonopy@hotmail.com
WEB
http://www.facebook.com/FC-Japan-106551796084283

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント