2016/04/22発行 ジャピオン861号掲載記事

集まれ みんなの広場

ジャイロトニック・オン・ブロードウェー

体をほぐして筋力アップ 心身整えるらせんの動き

 ニューヨーク生まれのボディーワーク、ジャイロトニックとジャイロキネシスのクラス「ジャイロトニック・オン・ブロードウェー」が、フラットアイアンビル近くのスタジオで行われている。代表でマスタートレーナーの森山尚子さんが2011年に創立、以来クラス数も増え、盛り上がっている。

 この日はトレーナーのアイザックス・陸代(むつよ)さんによるジャイロキネシスのクラスが行われた。「全身の筋肉に沿ってらせん(ジャイロ)を描くような動きを呼吸と組み合わせて行いますが、ジャイロキネシスは椅子とヨガマットを使って身体のバランスを整えます」とアイザックスさんは説明する。

 「内面と向き合って、自分の体を知ることから始めます。両手をすり合わせてエナジーを感じてください」とのアイザックスさんの声で、全身のセルフマッサージからスタート。生徒は、こすり合わせた両手で、頭から顔、首、腕、足の指まで、時間をかけてなでたりこすったりしていく。

 体が目覚めたところで、椅子を使ったエクササイズに移った。椅子に腰掛けて上半身を前後左右に回してゆっくリと呼吸。「アーチ」「カール」「スパイラル」「ツイスト」といった背骨を中心にした動きをすることで、体全体がほぐれて背骨の周りに筋力が付いていく。

 後半はマットを使って、全身のエクササイズとストレッチ。マットでの運動は筋力を使ってバランスを取るので、椅子を使う動きより難しい。「ムリしないように」「大丈夫?」と気遣うアイザックスさん。

 女優の団こと葉さんは、仕事中に腰を痛めリハビリを続けていた頃、ジャイロキネシスに出合って半年前から参加。「リハビリ後のステップとして最適で、体を新しく作り直しているところです。自分の体をコントロールできるようになり、内面から出る動きを意識するようになって、ケガをしにくい動きも分かるようになりました」と喜びを語る。

 出産後に腰痛がひどくなって3年前に参加した志茂真奈美さんは、「ジャイロキネシスは激しい動きがないので、無理なく徐々に筋力が付いていくのを実感しています」と話す。足を引きずって歩くほどの腰痛に悩んでいたという秦あゆみさんは、「インナーマッスルを鍛えると聞いていたので、骨盤を支えている筋肉を鍛えようと始めましたが、続けていると体の調子がいいですね。先生が個別によく見てくれて、私のパーソナルトレーナーのよう」と笑顔で答えた。クラス後は、笑い声がスタジオに広がっていった。

円やらせんを描くような曲線的な動きをしながら筋力を付けていく。ジャイロトニックは専用の機器を使うが、ジャイロキネシスは椅子とマットで行う
クラスは少人数制なので、その日の顔ぶれを見ながら教え方を変えて、個別に対応してくれる
後半のマットを使ったエクササイズ。椅子を使ったものと同じく、やり方を覚えておけば自宅でもできる
スクリーンショット 2016-04-21 13.35.23

アイザックス・陸代(むつよ)さん
 内面と向き合うヨガの精神性、太極拳のバランス、ダンスの美しさなどをベースに、流れのある動きの繰り返しと独特の呼吸法で、体全体に活力を行き渡らせるのがジャイロキネシスです。クラスでやり方を覚えたら、自宅や仕事の合間に気軽に自分で行えます。特に椅子を使ったエクササイズは体への負担が少ないので、体が固くて柔軟性がない人や高齢者でも無理なく楽にできます。心と身体は密接に関連しているので、ジャイロキネシスを続けていると、心持ちが変わる、姿勢が良くなるなど相乗効果でどちらも健康になります。子育てが終わって自分自身にフォーカスするようになった人や、仕事が忙しくて体をリリースさせたい人など、ぜひ参加してください。

メンバー募集中

GYROTONIC on Broadway

ジャイロキネシスクラスは、毎週月~木と土曜日にグラマシー(928 Broadway, Suite 205)で開講。1回25ドル。10回200ドル。ジャイロトニック、個人セッション、インストラクター養成クラスもあり。要予約。

TEL
212-473-2703
MAIL
info@gyrotoniconbroadway.com
WEB
http://www.gyrotoniconbroadway.com

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント