2016/03/25発行 ジャピオン857号掲載記事

集まれ みんなの広場

0→1

ウェブで悩む全ての人に 無料ワークショップ開催

 無料ワークショップ「0→1」の会場は、平日の夜にもかかわらず、約50人の学生、社会人で埋め尽くされた。ニューヨークのウェブメディア「NYPG(ニューヨーク・ポイント・ガイド)」を運営するニューヨーク・シティー・インデックス代表、マキシムさんが主催で、ウェブサイトやソーシャルネットワークサービス(SNS)をビジネスで効果的に使いたいと考える全ての人に向けて催された。

 「0→1」のタイトル通り、「初心者にも分かりやすく、同時に実践的でもある内容を心掛けた」と言うマキシムさん。セミナーで特に力点を置いたのが、「意味あるメディアを作るにはPV(閲覧者数)でなくCV(コンバージョン数。見るだけでなく具体的に閲覧者がアクションを起こした数)が大事」という点。NYPGを立ち上げた後、PV数だけを意識し
て、検索数が上昇する記事ばかり書いていた失敗談を語る。
 「開発した商品の記事を書いて、PV数だけを見て、『売れるだろう』と思っていたら、たった数個しか売れなかった」

 マキシムさんは、参加者に向けて、知識だけにとどまらず、自身の失敗、その失敗から学び、改善したことをつまびらかにし、解説していく。実体験を伴った話だけに、参加者の多くがメモを取りながら熱心に耳を傾けていた。

 日本から旅行中で、この日は友人に誘われて参加したモデルの深田幸佑さんは、「これまでSNSを有効に使えていなかった」とあらためて思ったという。「ツイッターでのツイート数ばかり気にしていました。昔、あるコンテストで優勝し、10万人のツイートを記録しましたが、話題になったのは一瞬だけで長続きしなかった。今日はその理由を解説されたようで身に染みました」と語る。

 デジタルマーケティングを専攻する大学生、林美雄(みゅう)さんは、自身でブログを立ち上げているが、「初歩的なことから教えてもらってためになった。これまでバラバラだった知識があらためて頭の中で整理できた」と喜ぶ。

 自身でウェブを使ったビジネスを行っている起業家の奥西正人さんも「学ぶことが多かった」と話す。「僕自身もポッドキャストというオーディオのブログをやっています。今日はポッドキャストの話は出ませんでしたが、やらなければいけないことは同じなのでためになった」と語る。

 セミナー後は、参加者同士の交流の時間が設けられ、マキシムさんに熱心に相談する人の姿も多く見られた。

メモを取りながらマキシムさんの話を真剣に聞く参加者ら。この日は約50人が参加した
学生から社会人まで幅広い層の参加者が集った
リラックスした雰囲気のセミナー後の交流会。ウェブの悩みを聞く人も多かった
スクリーンショット 2016-03-24 15.00.30

マキシムさん
 ウェブを使ってどのようにビジネスを始めるべきか悩んでいるという話をよく耳にします。皆さん「何かやらなきゃいけない」という切迫した気持ちは持っていても、一体何から始めていいか分からないというのが本音だと思います。
 僕自身がウェブを使ったビジネスがなかなか軌道に乗らず、悩んでいたとき、いろいろ教えてもらえたり、知識を共有できる機会がなかった。だから、そういう機会を作り知識をシェアするにも、成功談だけでなく、失敗やそこから学んだ教訓を伝えることが自分の役割だと感じました。僕の話を聞いたから成功するという訳ではないですが、こうして集まって、何かをつかむきっかけが得られる場になればと願っています。

メンバー募集中

毎月第4火曜日にワークショップを開催。5月からはウェブビジネスを進めるのに必要なテクニックを解説するワークショップ「1→2」を開催する。有料。仕事や趣味などウェブの運営で悩んでいる人全般に参加を呼び掛けている。

MAIL
info@ny-share.com
WEB
http://www.ny-share.com

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント