2016/02/12発行 ジャピオン851号掲載記事

集まれ みんなの広場

トリプルD・ダンス・アンリミテッド

アストリアから飛び立つ ダンシングキッズたち

 火曜日の夕方。クイーンズのアストリアのスタジオから元気いっぱいの子供たちの声が聞こえてきた。キッズダンスクラス「トリプルD・ダンス・アンリミテッド」に参加する、この地区に住む子供たちだ。同クラス代表でダンス歴約20年のベテラン講師YUYUさんは、「初心者にはダンスの楽しさを分かりやすく、経験者にはレベルアップを目指して丁寧に教えています」と各自に合わせた指導を行っている。

 ヒップホップダンスのレッスンが始まり、ストレッチで十分に体を伸ばした後、音楽に乗ってリズムを取りながらテンションを上げていく。床に座って全身のストレッチに入ると、「How are you?」と一人一人に声を掛けて、体の位置を直して回るYUYUさん。

 指の運動になると、左右の指の形を交互に変える動きに集中。「右と左が一緒になっちゃう」「うーん、難しい」「あ、できた!」と、みんな真剣な表情だ。YUYUさんによると、この指の運動には脳を活性化する効果もあるそうだ。

 一人ずつ自由に歩いて好きなポーズで決める「ウオーク」になると、パワー全開の子供たちは日本語と英語を交えて大騒ぎ。遊び感覚で動いているうちに、ヒップホップの形を自然に覚えていく。ラストは子供たちの大好きなダンスの時間で、全員曲に合わせて格好良く踊っていた。

 金城ニ香(にこ)ちゃん(7歳)は、3年間クラシックバレエを続けているが、ヒップホップもやってみたくなって参加。「決めのポーズを取るのが好き!」と元気いっぱいだ。母親の繭さんは、「娘はこのクラスに参加してから、どんどん前に出て自分をアピールすることを覚えました」と笑う。

 「お友達と一緒に練習するのが楽しい」と言う坂部もねちゃん(4歳)の隣で母親のみゆきさんは、「娘はダンスの経験ゼロで、去年11月から始めたばかりなのにけっこう踊れるようになって、12月の発表会にも参加したんです」と、娘の成長ぶりに目を細めていた。

 サマンサ・由紀・橋本ちゃん(7歳)も、「たくさん友達ができてとても楽しいし、ダンスが上手になったのでうれしい」と目を輝かせていた。「テレビで格好良く踊っているのを見て、僕もやってみたくなって。先生が楽しく踊ってくれるのですごく面白い」と言うモンティエル・優樹くん(8歳)は、側転ができるようになったそうで、レッスン中も見事に決めていた。「生徒には少しずつ何かができるようになって欲しい」と、YUYUさんは子供達を温かく見守っている。

去年11月からスタートした、子供のためのダンスクラス。ヒップホップをはじめ、ジャズ、ファンクなどを基本から教えている
生徒は通常10人ほど。一緒に踊っているうちにみんな仲良くなっていく
男子も負けていない。YUYUさんの息子のデービス・隆志・デスティンくん(写真右)もダンスが大好き
スクリーンショット 2016-02-11 18.56.48

YUYUさん
 子供たちの持つ素晴らしいダンスの能力を伸ばすお手伝いをするのが私の役目です。子供達一人一人の個性を大切にし、毎週の練習を楽しみながら育ってくれることを目指して指導しています。生徒たちが、「今日は○○ができたよ」「学校でみんなに私のダンスを見せたよ」と喜んで報告してくれたり、ママから離れられなかった子供がみんなと一緒に元気に踊れるようになったり、そういった子供達の成長を大切にしています。また、ダンスをするとリズム感が良くなって、ストレッチなどの運動は体にも良いので、ぜひ参加して欲しいです。アストリアは住みやすく人間味がある街で、ここで育つ子供たちにこの場所で教えて、地元に根付いた活動を続けていきます。

メンバー募集中

Triple D Dance Unlimited

毎週火曜日の午後4時から5時に、クイーンズのアストリアのSol Dance Studio(3016 Steinway St.)で行っている。4歳以上から参加可。春にはイベントを開催予定。1回18ドル、月謝68ドル(月4回)。家族割引あり。保護者は受講無料。今なら「ジャピオンを見た」と言えば体験クラスが無料。

MAIL
dddunltd@gmail.com
MAP
3016 Steinway St.

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント