2015/05/29発行 ジャピオン815号掲載記事

集まれ みんなの広場

投資ビジネス勉強会

勉強会もその後の交流会も また、楽しからずや

 「投資ビジネス勉強会」は、2011年秋に投資に興味のある仲間が集まって始まった。当初は個人宅で開いていたが徐々に参加者が増えたため、今では誰でも参加できるように場所を借りて開催している。

 代表の古市裕子さん(NY Marketing Business Action, Inc.)は、「投資の知識をみんなでシェアしようという主旨で始めました」と発足の経緯を語る。「講師は『ビジネスを始めたばかりなので経験は少ないけれど、講師の経験もしたいし、情報を皆さんに伝えたい』という人達です」。ボランティアで成り立っている勉強会なので、場所代と軽食代程度の手頃な参加費で情報収集できるのが魅力だ。

 この日のテーマは、「米国不動産投資」。前半が「不動産投資とは」という入門編、後半は「ニューヨーク市とニューヨーク州外の物件の投資比較」という上級者向けの実践的な内容で、「NY Marketing Business Action,Inc.とWinWin Properties, LLC」の共催。講師に不動産投資家の呉淳子さんと山崎美来さんを招き、不動産投資の基本的な考え方や専門用語の説明から、ニューヨーク州外、主にテネシー州の物件投資の魅力について話を聞いた。

 参加者は不動産投資ビギナーから不動産ビジネスのプロまで9人。うち半数が初参加という顔触れ。セミナー発足当時からの参加メンバーで、不動産投資の経験もある西山久光さん(ITエンジニア)は、「マンハッタンの不動産投資しか経験がないのですが、今回は州外の物件の話も聞けるということで参加しました」と、テネシー州の物件の話に興味津々の様子。

 「将来自分の家を持ちたい」という美容師の坂田新次さんは、今回初めて参加した。「どこに物件を購入したらいいか、頭金はどのぐらい用意したらよいのか、ローンの組み方、税金のことなど、とにかく一から勉強したくて来ました。特に1031エクスチェンジに興味があったので、その話が聞けて良かったです」と今日のセミナーの収穫に満足気だ。

 不動産投資のベテランで、ピアノ販売業の村松薫さんは、同セミナーの常連メンバーの一人。「勉強しているうちに不動産投資に興味が出てきました。家賃収入を増やしたいので、今日は州外の物件の情報が聞きたくて」と、参加の動機を語る。将来購入するために準備をしたいという。

 新しい知識を得られるのはもちろん、仲間と共通の話題で盛り上がれるのも、この勉強会の魅力だ。

不動産投資の基礎知識から具体的な物件情報まで、中身の濃い3時間の勉強会。近い将来、自分の不動産購入を目指して、熱心に話を聞く参加者たち
不動産投資の初心者から不動産ビジネスのプロまで9人が参加。勉強会後の交流会も大盛況
予算によって不動産投資の戦略も変わる。参加者もロールプレーに参加して、投資について考える
1

古市裕子さん
 「投資に興味があるけど、コンサルタントに話を聞きに行くと高そうだし、誰に聞いたらいいか分からない」という話を聞いていたので、それならみんなで情報をシェアしようと、この勉強会を始めました。なかなか聞けないことが聞けたり、情報交換したり、ビジネスを始める取っ掛かりが作れるようにすることが目的です。投資だけでなく、自分のパソコンを持ってきてもらって、WordPressでホームページを作るための勉強会をしたこともあります。

 勉強会は3時間ですが、その後は交流会。和気あいあいとネットワークを広げようよ、というのがこの勉強会のコンセプトでもあります。交流会が目的で来ていらっしゃる方もいますよ(笑)。

メンバー募集中

NY Investment & Business Study Group

月に1~2回、金曜日または土曜日の午後6時30分~9時30分まで、マンハッタン区内の会議室で開催。

TEL
646-418-0138
MAIL
hiroko.furuichi@ny-mba.com
WEB
http://www.ny-mba.com

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント