2015/03/27発行 ジャピオン806号掲載記事

集まれ みんなの広場

英国自然美容コスメクラフト講座 アロマンティック

自分で作るコスメ 英国伝統の手法学ぶ

 イギリスに拠点を置く「英国自然美容コスメクラフト講座アロマンティック」。「伝統的な作り方に沿って、理論を学びながら自然材料を使った化粧品を手作りします」と説明するユミ・ビニョーリさんは、ロンドンのクラスで長く教えているが、2013年からニューヨークに活動の場を広げ、ニューヨーク支部代表として日本語での講座を開始した。

 「今日は、赤ちゃんにはどんなオイルおよび原材料が使えるかについてです」とのビニョーリさんの声で、マスターコースの講義が始まった。この日の実習で使う材料とその使い方を学んでいく。生徒たちは真剣な表情で配布されたプリントに書き込みを入れたりメモを取ったりしながらも、ビニョーリさんのジョークを交えた解説に笑いがこぼれる。

 実習では赤ちゃんにも使えるローション作りが行われた。テーブルには各種オイルの瓶や泡立て器に鍋、計量器、ビーカー、アルコールなどがずらり。

 ホホバオイルやアプリコットカーネルオイルなど数種類のオイルやシアバターなどの材料を、レシピに従って計量して順番に混ぜていく。「クリーム乳化時には、一定の速度と決められた設定温度で仕上げてくださいね」とビニョーリさんからワンポイントアドバイス。できた2種類のローションをみんなで肌につけて試すと、「けっこうしっとり」「でもこっちはさらっとしてる」と口々に感想が出る。

 「オーガニックの化粧品に興味があり、自分で作ってみたくて受講しています」と言うのは主婦の伊藤朋恵さんで、「今ではオイルブレンドを中心に自分で作っていますが、どれも使い心地が良くて肌にやさしく安心できます」と手作りを楽しんでいる。

 ニュージャージーから参加の範子さんは、「自分で作れば成分や保存法が分かって安全です。顔と体のマッサージ師をやっているので、将来お客さんにも使えるようになりたくて勉強しています」と話す。右島千加子さんは、「フェースクリーム作りのイベントに参加したら、すごく肌に良かった上に簡単に作れて。化粧品って自分で作れるんだと衝撃でした。自分で作れば安全です」と、家族の化粧品も手作りしている。

 生徒たちは口々に、「先生の知識が豊富」「何を聞いても答えてもらえる」「毎回必ず新しいことが学べる」と、ビニョーリさんに大きな信頼を寄せる。「私の経験と知識を生徒に伝えていきたいです」とビニョーリさんは生徒を見回した。

オーガニック&ナチュラル材料の理論を学びながら、ハンドメードのコスメを制作する。マスターコース終了時には、アロマンティック認定サティフィケートが発行される
自分や家族のために安全なもので手作りしたい、仕事に生かしたいなど、目的はさまざま
真剣ながらも楽しく実習に取り組む生徒たち。作った化粧品は持ち帰れる
1

ユミ・ビニョーリさん
 日本語のクラスを開きたいと長年思っていたので、それを実現できました。手作り化粧品について知ってみたいという初心者から、深く専門的に学びたいというアロマセラピストや薬剤師などのプロの方まで、ここに来る生徒さんの経験や目的はいろいろです。私はロンドンで長く教えていましたが、自分のビジネスにつなげて世界各国で活躍している生徒さんもたくさんいます。

 生徒さんには、ここで学んだことを生かしてさらに勉強を続けていって欲しいと思います。レシピも渡しますので、後はその人のやる気次第です。これから始めてみたい方は、体験レッスンも行っているので、まずは興味のあるものに参加して、化粧品を手作りする楽しさを体験してください。

メンバー募集中

Aromantic Courses in Natural Skin Care

体験レッスン各種をはじめ、ファンデーションコース、マスターコース、月別トライアルレッスンや季節ごとのイベントなど、レベルや目的に合わせたレッスンを実施している。詳細と申し込みはホームページを参照。

MAIL
jp@aromantic.info
WEB
http://www.aromantic.info

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント