2015/03/20発行 ジャピオン805号掲載記事

集まれ みんなの広場

美容ズンバクラス

汗と熱気と輝く笑顔 キレイを目指すズンバ

 長い冬が明け、うららかな春の陽気に包まれているニューヨーク。だが、ミッドタウンのとあるスタジオはすでに、灼熱(しゃくねつ)の太陽を思わせるほどの熱気にあふれている。

 「サルサ、メレンゲ、クンビア、レゲトン。ズンバの基本はこの四つの踊りです」。引き締まった筋肉が美しい、ダンスインストラクターのMegさんが教える「美容ズンバクラス」が始まった。その名の通り、ダンスの楽しさに加えて、女性らしいボディーライン作りを目指したクラスだ。

 「ただ踊るだけでなく、ダンス初心者でも分かるように、ズンバとは何かという基本から教えていきます」と、まずは四つのダンスステップの基本を一つずつレクチャーしていく。

 ウォーミングアップの後は、テンポのいいヒップホップのリズムに乗って、軽くフィットネス・エクササイズからスタート。続いてコロンビアの音楽クンビアから、サルサのリズムに合わせて軽快にステップを踏み、そのまま休みなしで筋トレに入る。下半身を鍛えるスクワットから上半身のワークアウトを行う頃には、生徒たちのTシャツは汗でびっしょり。さらに、「ラテン版ヒップホップのような感じ」のレゲトンから、最後はメレンゲのリズムにフラメンコのセクシーな振り付けの要素が入ったフラメンコレゲトンに移った。

 仮谷和紗(なぎさ)さんは、「見よう見まねでなんとかついていきましたが、音楽講師をやっていて普段体を使ってないので、すごくハードでした。でもとても楽しかったので、体力が持つならぜひ続けたいです」と前向きだ。ネイリストの永井麻穂さんも、「私も日頃は全く運動していないので、これを機に続けたいです」と同意していた。

 学生の田中里香さんは、「ヒップホップやジャズダンスをやっているのですが、ズンバは流行っているのでぜひ一度やってみたくて参加しました。アドレナリンが出て気持ち良かった!先生がモチベーションを上げてくれたのでうまく踊れました」とにっこり。

 「結構きましたね」と汗をぬぐうニュージャージーから参加の学生、入江あゆみさんは、「Megさんは日本でも有名なダンサーなので、今回ぜひクラスを受けたかったんです。きつかったけど、続けていったら理想のボディーになれそう」と次回も参加したいと意気込む。

 「音楽に合わせて楽しく体を動かしていると、気持ちもリフレッシュして前向きになり、きれいになれます」とMegさんは、生徒に笑い掛けていた。

軽快なラテンのリズムに乗って、1時間ほとんど休みなしで体を動かすクラス。ダンスに加えて筋トレやストレッチも取り入れて、女性らしいメリハリのある体作りを目指す
この日の参加者は全員ズンバ初体験。「きつかったけど楽しかった」と口をそろえていた
ヨガの要素を取り入れたストレッチを行う。体のコアを鍛える体幹トレーニングも導入
1

Megさん
 ラテンの音楽に乗って楽しく踊りながら、女性らしい体型を作る効果のある動きを取り入れています。ダンスだけではなかなかその効果が出にくいのですが、ストレッチでウエストのくびれを作ったり、ヒップアップ効果のある動きを入れるなど工夫しています。さらにフィットネスの要素も取り入れて、筋トレなどのエクササイズにも力を入れています。ダンサーとしては、曲に合わせて自然に体が動き出すような、曲のイメージと一体になる振りを常に考えています。

 女性はいくつになっても心身共に美しくいられるので、ぜひその手助けをしていきたいです。年齢や経験は全く関係ありません。楽しくいい汗をかいて、もっとキレイになりましょう。

メンバー募集中

Beauty Zumba Class

マンハッタンのクラスは月1回で、次回は4月1日(水)午後6時から7時まで、ミッドタウンのスタジオ(353 W. 48th St.)で開催。3月からウェストチェスターのクラスも開講。毎週火曜日の午前10時から11時までハリソンのスタジオ(67 Grant Ave., Harrison, NY 10528)で実施。詳細は問い合わせを。

MAIL
sugarmeg629@gmail.com

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント