2016/05/13発行 ジャピオン864号掲載記事

堀古英司の経済ミラクルキャッチ!

第26回 投資を始めるに当たって

投資をするのは
リスクを取ること


 当コラムでの私の担当も、あと2回となりました。私は銀行員時代を含めて計27年間、株式市場、為替市場、不動産市場などで何回も大きな波を経験してきました。

 そこで残り2回はそれらの経験から、投資において、皆さんにぜひとも心に留めておいていただきたいトピックについて書かせていただきたいと思います。

人の心理を悪用した
投資詐欺は後絶たず

 第一に、「投資をする」ということは「リスクを取る」ことだということです。世界的に金利がほぼゼロの中、リターンを得ようと思えばリスクを取るしかありません。

 例えば「元本保証で年率10%」をうたった投資商品があるとします。元本保証か、年率10%か、必ずどちらかがうそです。しかし人々は、リスクは大嫌いでリターンは大好きですから、何とかしてリスクを取らずにリターンを得ようとします。

 アメリカにおいても日本においても、昔も今も、こういった投資詐欺というのは後を絶ちません。それらの投資詐欺はそういう、リスクを取らずにリターンを得たいという人間の心理を利用したものです。当然のことながら、お金を持っている人ほどそのような話が回ってくる可能性が高いと思います。しかしそのような商品に手を出してしまったら結局、多くの場合、元本全てが無くなってしまいます。

 逆に言えば、皆さんが投資をして損失が出ることもあるのは、リターンを得ようとしている限りごく普通のことなのです。もちろん利益ばかりというのは理想的ですが、投資をしている限りそんなわけにはいきません。損失が出るのは、リスクを取るという行為を通じて社会に貢献している証拠であり、むしろ投資家としてプライドを持たれるくらいで良いと思います。

長期の株式投資は
リターンが期待できる

 第二に、短期勝負に出ないことです。前述の通り、人々はリスクを取るのが大嫌いです。リスクを取る場合でも、リスクを感じる時間ができるだけ短くなるようにするものです。この結果、市場取引の大半が比較的短期的な取引を行う投資家によって占められているのが現状です。市場でそのような取引が大半を占めるとどうなるか。相対的に、長期的に投資できる投資家が有利になるのです。

 例えば現在のアメリカ金融市場の状況を見てみましょう。10年物国債利回りは1・7%台で取引されています。これに対してアメリカの代表的株価指数であるS&P500から期待できるリターンは約7%です。

 この差は何かというとリスクプレミアムといって、株価が上下に変動するリスクを負うために投資家が要求しているリターンです。言い換えれば、株価というのは上下するけれども、長期的に見れば平均7%のリターンが期待できる状態、ということです。

 しかし市場には、株式の上下変動に耐えられない、急に資金が必要になったなどの理由で、途中で売ってしまう人がほとんどです。それは相対的に、その後毎年7%の金利を払ってお金を借り続けていくようなものです。株式市場にはもちろん上下変動はありますが、そのようなリスクに耐えて長期的に投資できる人にその7%が行く仕組みになっているのです。

投資を始める前に
リスクを整理しよう

 第三に、まず皆さんの生活における「リスクの整理」をして下さい。人間のリスク許容力には限りがあります。生活のあちこちにリスクがひそんでいるようでは、怖くて投資のリスクに集中できる状況にはならないはずです。例えばご家族がいらっしゃる方は、投資を考える前に、まず自分が今死んでしまったときに家族が路頭に迷うことがないように、生命保険の加入を検討して下さい。自動車を運転される方は事故を起こしてしまうことに伴うリスクの想定、そしてその対策が必要です。家をお持ちでない方は、長期間にわたって家賃を払い続けなければならず、老後は年金の大半を費やしてしまうことになってしまうリスクがあることを念頭に置いておかなければなりません。

投資は長期で考え、短期勝負に出ないことが重要となる

堀古英司

堀古英司
■ニューヨークに拠点を置く投資顧問会社、ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC最高運用責任者。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」をはじめ、メディアに多数出演。著書に「リスクを取らないリスク」。関西学院大学時代、アメフト部で活躍。

今週の用語解説

リスクプレミアム

株式投資などリスクのある投資に対して、投資家がそのリスク分に対して求める超過収益(上乗せ利益)のことを指す。リスクプレミアム=不確実な価格変動を伴う金融商品の期待収益率-国債などの安全資産の金利(リスクフリーレート)、で定義される。投資家が各投資商品に対して求める収益性は「期待収益率」と呼ばれ、この期待収益率は投資商品のリスクが大きいほど、大きくなる。これは期待収益率にリスクプレミアムが上乗せされているからと考えることができる。

NYジャピオン 1分動画